ThinkPAD X40

2009年1月 1日 (木)

偽装SSD化⇒本格SSD化に挑戦!

2009年が始まりました。
今年もよろしくおねがいします。

昨年は、公私共にバタバタしていて
プライベートでは、いっぱい遣り残した
ことがありました。
今年は、何とか遣り残さないように
頑張ります。

早速ながら、ThinkPAD X40を本格的にSSD化
することから始めてみようと考えています。
(昨年9月頃にCFカードを使った偽装SSD化を
行ったのですが、SSDの価格が下がってきたので
取りあえずやってみようと,,,,)

今、Cドライブで使用しているCFは、
PhotoFast製 333倍速(MLCタイプ) 32GB
型番:PF-333CF32SS

で、昨年末にSSD化を行うための部品を発注

- 1.8"ZIF HDD->2.5"HDD変換コネクタ 
  [1.8ZIF-2.5HDD-V1.2] \980.-

- FFCフラットケーブル               
  [FFC(0.5)40P55W-T-HDD] \480.-
  
  ※上記の発注先は、
  http://www.aitendo.co.jp/product/から
  
  [1.8"ZIF HDD->2.5"HDD変換コネクタ]  
    http://www.aitendo.co.jp/product/1272
  [FFCフラットケーブル]
    http://www.aitendo.co.jp/product/989

- 32GB SSD(MLCタイプ)
  グリーンハウス製 GH-SSD32GP-1M \8,780.-
 
  合計\10.240.-

発注先が年末年始休みもあって、届くのが1月5日以降..
今から楽しみにしているところです。
1月の3連休あたりに交換作業してみようかと,,,,,

このSSDを取り付けるのは、本体をばらさないと出来ない
のが、難点ですけど,,,,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

ThinkPADX40 カスタマイズログ  - part3 -

ThinkPADX40 カスタマイズログ

ThinkPAD x40をカスタマイズ(偽装SSD化)していくなかで、結果がどれくらい変わったかをベンチマークテストしてみた。
実際、物理的な交換を行って、体感速度は速くなったと感じているが、どれくらいの結果向上になったかは、気になるものです。

当方は、HGST製1.8インチHDD 40GB ⇒ Tramscend製CFカード266倍速(SLCタイプ) 8GB ⇒ PhotoFast製CFカード 333倍速(MLCタイプ)32GB
※SLC 8G(266倍速)をMLC 32GB(333倍速)に変えたのは、ディスク容量と書込み回数からの考慮。HDDより高速化出来て、発熱も少なくバッテリ持ちも長く出来ればOK。

ツールは定番の以下を使用した。

http://crystalmark.info/download/index.html#CrystalDiskMark から
CrystalDiskMark21と、CrystalMark2004R3をDL
その他にもベンチマークツールはあると思うけど,,,,,

■CrystalDiskMark21の結果(50MBでテスト)
□HGST製1.8インチHDD 40GB 
 型番:HTC424040F9AT00
  seg:   Read 12.42MB/s  Write 12.55MB/s
  512k:  Read 9.329MB/s  Write 11.08MB/s
  4k:    Read 0.258MB/s  Write 0.600MB/s

□Tramscend製 266倍速(SLCタイプ) 8GB
 型番:TS8GCF266
  seg:   Read 44.41MB/s  Write 26.99MB/s
  512k:  Read 37.16MB/s  Write 12.75MB/s
  4k:    Read 1.406MB/s  Write 0.135MB/s
※HDDに比べて、4kByte(WindowsOSではここが重要)の読込速度は向上しているが、書込速度が遅くなっている

□PhotoFast製 333倍速(MLCタイプ) 32GB
 型番:PF-333CF32SS
  seg:   Read 14.27MB/s  Write 2.701MB/s
  512k:  Read 6.772MB/s  Write 1.822MB/s
  4k:    Read 0.432MB/s  Write 0.022MB/s
※HDDに比べて、若干良いがSLCチップに比べると可也おとっている。

■CrystalMark2004R3の結果
□HGST製1.8インチHDD 40GB 
 型番:HTC424040F9AT00
  Mark: 22047
  ALU:  4176
  FPU:  5141
  MEM:  2520
  HDD:  2437
  GDI:  3593
  D2D:  2794
  OGL:  1386

□Tramscend製 266倍速(SLCタイプ) 8GB
 型番:TS8GCF266
  Mark: 24190
  ALU:  4184
  FPU:  5146
  MEM:  2577
  HDD:  5021
  GDI:  3073
  D2D:  2833
  OGL:  1356

※HDDに比べて、少し向上しているようだが、HDD以外は殆ど同じ変わらない

□PhotoFast製 333倍速(MLCタイプ) 32GB
 型番:PF-333CF32SS
  Mark: 20440
  ALU:  4177
  FPU:  5465
  MEM:  2617
  HDD:  860
  GDI:  3065
  D2D:  2902
  OGL:  1354

数値だけを見ると変化が判りつらいので、グラフ化してみたらこんな状態。

「graph.bmp」をダウンロード 

結果から、Cドライブは、Tramscend製 266倍速(SLCタイプ) 8GBで、再構築して
Dドライブに、PhotoFast製 333倍速(MLCタイプ) 32GBを使用して、これをデータ領域に変更することにした。
基本は、キャッシュとかtempファイルは、Cドライブには置かない(書込み回数考慮)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

ThinkPADX40 カスタマイズログ  - part2 -

ThinkPADX40 カスタマイズログ

前回までのThinkPAD X40 カスタマイズでは、Cドライブ(HDD:40G )を、CFカード(8GB:SLC)を使って偽装SSD化した。感じたことと言えば、発熱しないと言うことと、アクセス速度が速くなったことですが、やっぱり8GBだと、心持頼りないところがある。

使用したCFカードは、以下の266倍速。

■266倍速コンパクトフラッシュ(SLC:8GB)
http://www.transcend.co.jp/products/ModDetail.asp?ModNo=148

で、もう少し容量をアップしたいが、予算も限られている。そんな中で、32GB MLCチップ 333倍速のコンパクトフラッシュを見つけてしまった。
http://www.photofast.co.jp/products/cf.html#cf333

SLC:8GB(高速:書き込み10000回)に、対して、どこまで期待出来るかは、判らないが、HDDを使っている時よりは、遥かにアクセスは早くなるはず。で、SLC:8GBを購入したばかりだけど、ここは、MLC:32GBに更改することにした。

ディスク容量
 HDD:40GB  >  MLC:32GB > SLC:8GB
速度
 HDD(4200rpm)  <  MLC:333倍速 <(≒) SLC:266倍速

また、衝動買い。やってしまった!
8GBのCFカードは、Dドライブ(PCMCIAスロットのアダプタを付けて変換)で使うか、他のPCへ転用かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

ThinkPADのカスタマイズ

ThinkPADX40 カスタマイズログ

ノートパソコンは、比較的動作が遅い。
これは、HDDによる性能と言うかスペックに左右される。

ThinkPAD X40は、販売された直後に購入し、長年使っているセカンドPC。

当方は、過去一度HDDを容量アップを目的で、日立グローバルストレージテクノロジーズ製の1.8インチHDD“HTC424040F9AT00”に入替たのだが、回転数が4200rpmなのでディスクのリード/ライトレートは比較的遅かった。(早くすると熱が発生するので、この回転数が限界なのかもしれない。)

EeePC901を色々とカスタマイズしているうちに、ThinkPADも高速化出来ないかを考えているうちに、HDD → SSD化が思い浮かんだ。でもSSDは、まだ結構高値だし、
ディスクの形状が、一般的でないので、こんな方法を試してみた。

購入部品
■CF (コンパクトフラッシュ) 1.8"/2.5" IDE変換カード CF1枚挿しタイプ PA-CF18H-EF
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shop2go/a106775.html

■266倍速コンパクトフラッシュ(8GB)
http://www.transcend.co.jp/products/ModDetail.asp?ModNo=148

取りあえず、OSからインスト(nlite化した軽量化OS)

起動が、随分と早くなった。CFが8GBなので、データ保存用ディスクは、
同じくCFカードを行うことにしたいので、PCMCIAスロットに変換アダプタ
PCMCIA⇔CF変換)を取り付けて、ディスク増設化を今後行うことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)