« 2012年7月 | トップページ

2012年10月

2012年10月24日 (水)

原発って、本当に必要か

福島原発の後始末も、一向に終わらないですよね。

数十年以上、掛かるのでしょうね。

近隣にお住まいになられている方の、ご苦労を察しながらも、何も出来ない非力な私が恥ずかしいです。

国民を騙してまで、活断層らしき場所に原発を建設したり、福島の重大な被害状況を真氏に受けとめず利益だけを考える電力会社って、要りませんね。

関電の馬鹿経営者のことです。

原発建設時代の政権を持っていた政党の責任もあるはずなのに、その動きもない。

要するに、利権のみで我々は騙されていたように思えてるのです。

電力をもっと自由化し、重大事故が発生した時の責任を取らせるようにすればと、思うのですよね。

今の状態は、地域特定の独占企業となっていることが、責任性の低下につながっているのだろうと。。。思います。。。

今、太陽光、風力などの発電に目覚めてきてますが、もっと早く着手していれば、今頃は十分な発電が出来ていただろうし、原発など要らなかったのでは。。。

原発の関わっている重電機の会社(三○、○立、東○、住○)などは黒字、一方、その他は赤字。。。

事故責任を取れないものを建設しておいて、黒字で、いい身分,,,

黒字で儲かった分を全て被災地に回せと言いたい。。。

私が前から思っている独り言なので、聞き流してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ