« 2011年6月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年7月

2012年7月18日 (水)

政府は何やっているのか(怒

おはようございます。
久々のココログ登場です。

最近、今の政府に怒り爆発。

関西電力大飯原発と北陸電力志賀原発で、
原発敷地内にある断層の現地調査が行われる運びとなりましたね。

活断層である可能性があることが理由なのですが、こんな状態で大飯原発を
再稼働させた野田政権。

事を進めるプロセスが間違っていると思います。
夏場の電力不足を表に出して、本当の理由がグレーなのです。
これも利権が絡んでいるのでしょうか。。。
活断層の可能性は、原発稼働する前から懸念されていたのです。

福島の事故の教訓を生かせない政権に対して、呆れている私です。

原子力は、事故が起きたら人間ではコントロール出来ないのです。
事故が起きてから、これは想定外。。。 想定が甘すぎる。
事故が起きたら想定外と言うのは目に見えています。
しっかり調査してから稼働させるなら、未だ判りますが、ちょっとふざけた対応。

電力不足に対して、各企業・各家庭に節電を呼びかけてはいますが、
何ら根本が解決されていないように感じています。

一概に言えませんが、

例えば、各民放各社が、ピーク時間の電波を停止する(但し緊急放送は除く)ことで、
家庭でTVを見なくなるのですよね。
これによる電力需要が大きく下がるのですよ。
真っ昼間に、くだらん再放送番組電波を垂れ流して、誰も指摘しない。
電波を止めて、誰に迷惑かかりますか?

計画停電になったら、結局TVは観れないのです。
放送局と出演者の収入源が減ることは判りますが、緊急状況なのですよね。

それに、真っ昼間のゲーセン、パチンコ屋、家電量販店。

各企業は、計画停電にならないように電力消費を最低限度に押さえる努力をしていますが、
これは、全体の電力消費比率から考えれば半分も満たないのですよ。

消費税増税に関しても、使途が大きく変わるようで、まさに嘘つき政権に(怒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2012年10月 »