« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月16日 (火)

iTunes8 + ipod fireware2.1でブルーパニック(windows Vista)

iTunes8 + ipod fireware2.1でブルーパニック - part2 -

暫くは、iTunesを7.7.1.11、ipodを2.0.2で使うしかない状況。

iTunes8にアップデート後、Vistaのブルースクリーンになる件は、appleも認めていて、新しいバージョンがリリースされたらしい。(またまた、pcwholeblog主さんに感謝)

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/09/16/20861.html

早速、帰宅後、DLしてみたが、iTunesのバージョンは8.0.0.53
appleサポートで確認してみたら、日本サイトでは、未だ検証中、
最新版は8.0.0.53とのこと。

海外では、リリース済みなんですがね。
http://support.apple.com/kb/TS2280

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月12日 (金)

iTunes8 + ipod fireware2.1でブルーパニック(windows Vista)

iTunes8 + ipod fireware2.1でブルーパニック

9月11日早朝に、iTunesを7.7.1.11⇒8.0.0.53、ipodも2.0.2⇒2.1.0に
バージョンアップした。行き成りPCがブルーパニック!
原因が判らない。
仕事もあるので、取りあえずは、そのままにして職場に出勤。
帰宅後、再度、試して見ると、ipodをPCに接続すると必ずブルーパニックになる。
使用しているPCは、windows Vista Ulitamate SP1

appleサポートに 事象を伝え、取りあえずは使用出来る環境に戻した。
内容は、別のPC(windowsXP)に、iTunes8をインストールし、ipodを復元し、
その後、Vista端末に接続。 取りあえずは、ブルーパニックは解消した。
が、ipod充電されていない。 数時間後、またブルーパニックになった。

職場の方に、事象を伝えたら、その方の環境もwindows Vista Ulitamateだけど事象は発生していないとのこと。仕事が忙しい中、チョト調べてくれていて、こんな事象が報告されているとのことを教えてもらった

で、その内容はと言うと、http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20380277,00.htm

おっと、「ウェブカメラやプリンタなど、他のUSBデバイスを取り外すと、当面は問題が解決するようである。ユーザーフォーラムでは、AppleとLogicTechおよびHewlett-PackardのUSB製品間で、また、Roxioのディスクライティングソフトウェア間で、非互換性の問題があるのではないかとの憶測も流れている」 正に、我家の環境ではないか!

9月12日夕方、再びappleサポートに連絡。iTunes8 + ipod fireware2.1を
バージョン上げる前に戻す。 ブルーパニックは発生しない。

appleさんによると、本件の問題について意識はしていて原因特定急いでいるとのこと。
サポートの方の対応も、とても良い(一生懸命さが判るし、たらい回しはしない)ので、取りあえずは提供できる情報(当方の環境とかなど)を渡して、改修に役立てて貰うようにした。

サポートデスクの電話対応によって、障害申告側の出方は変わってくるが、appleサポートは、とても良い印象であった。

当面は、iTunesを7.7.1.11、ipodも2.0.2で、使うことにする。
(appleさんも、事象発生の原因が判ればレポートをメールで送信してくれるらしい)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

ThinkPADX40 カスタマイズログ  - part3 -

ThinkPADX40 カスタマイズログ

ThinkPAD x40をカスタマイズ(偽装SSD化)していくなかで、結果がどれくらい変わったかをベンチマークテストしてみた。
実際、物理的な交換を行って、体感速度は速くなったと感じているが、どれくらいの結果向上になったかは、気になるものです。

当方は、HGST製1.8インチHDD 40GB ⇒ Tramscend製CFカード266倍速(SLCタイプ) 8GB ⇒ PhotoFast製CFカード 333倍速(MLCタイプ)32GB
※SLC 8G(266倍速)をMLC 32GB(333倍速)に変えたのは、ディスク容量と書込み回数からの考慮。HDDより高速化出来て、発熱も少なくバッテリ持ちも長く出来ればOK。

ツールは定番の以下を使用した。

http://crystalmark.info/download/index.html#CrystalDiskMark から
CrystalDiskMark21と、CrystalMark2004R3をDL
その他にもベンチマークツールはあると思うけど,,,,,

■CrystalDiskMark21の結果(50MBでテスト)
□HGST製1.8インチHDD 40GB 
 型番:HTC424040F9AT00
  seg:   Read 12.42MB/s  Write 12.55MB/s
  512k:  Read 9.329MB/s  Write 11.08MB/s
  4k:    Read 0.258MB/s  Write 0.600MB/s

□Tramscend製 266倍速(SLCタイプ) 8GB
 型番:TS8GCF266
  seg:   Read 44.41MB/s  Write 26.99MB/s
  512k:  Read 37.16MB/s  Write 12.75MB/s
  4k:    Read 1.406MB/s  Write 0.135MB/s
※HDDに比べて、4kByte(WindowsOSではここが重要)の読込速度は向上しているが、書込速度が遅くなっている

□PhotoFast製 333倍速(MLCタイプ) 32GB
 型番:PF-333CF32SS
  seg:   Read 14.27MB/s  Write 2.701MB/s
  512k:  Read 6.772MB/s  Write 1.822MB/s
  4k:    Read 0.432MB/s  Write 0.022MB/s
※HDDに比べて、若干良いがSLCチップに比べると可也おとっている。

■CrystalMark2004R3の結果
□HGST製1.8インチHDD 40GB 
 型番:HTC424040F9AT00
  Mark: 22047
  ALU:  4176
  FPU:  5141
  MEM:  2520
  HDD:  2437
  GDI:  3593
  D2D:  2794
  OGL:  1386

□Tramscend製 266倍速(SLCタイプ) 8GB
 型番:TS8GCF266
  Mark: 24190
  ALU:  4184
  FPU:  5146
  MEM:  2577
  HDD:  5021
  GDI:  3073
  D2D:  2833
  OGL:  1356

※HDDに比べて、少し向上しているようだが、HDD以外は殆ど同じ変わらない

□PhotoFast製 333倍速(MLCタイプ) 32GB
 型番:PF-333CF32SS
  Mark: 20440
  ALU:  4177
  FPU:  5465
  MEM:  2617
  HDD:  860
  GDI:  3065
  D2D:  2902
  OGL:  1354

数値だけを見ると変化が判りつらいので、グラフ化してみたらこんな状態。

「graph.bmp」をダウンロード 

結果から、Cドライブは、Tramscend製 266倍速(SLCタイプ) 8GBで、再構築して
Dドライブに、PhotoFast製 333倍速(MLCタイプ) 32GBを使用して、これをデータ領域に変更することにした。
基本は、キャッシュとかtempファイルは、Cドライブには置かない(書込み回数考慮)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

ThinkPADX40 カスタマイズログ  - part2 -

ThinkPADX40 カスタマイズログ

前回までのThinkPAD X40 カスタマイズでは、Cドライブ(HDD:40G )を、CFカード(8GB:SLC)を使って偽装SSD化した。感じたことと言えば、発熱しないと言うことと、アクセス速度が速くなったことですが、やっぱり8GBだと、心持頼りないところがある。

使用したCFカードは、以下の266倍速。

■266倍速コンパクトフラッシュ(SLC:8GB)
http://www.transcend.co.jp/products/ModDetail.asp?ModNo=148

で、もう少し容量をアップしたいが、予算も限られている。そんな中で、32GB MLCチップ 333倍速のコンパクトフラッシュを見つけてしまった。
http://www.photofast.co.jp/products/cf.html#cf333

SLC:8GB(高速:書き込み10000回)に、対して、どこまで期待出来るかは、判らないが、HDDを使っている時よりは、遥かにアクセスは早くなるはず。で、SLC:8GBを購入したばかりだけど、ここは、MLC:32GBに更改することにした。

ディスク容量
 HDD:40GB  >  MLC:32GB > SLC:8GB
速度
 HDD(4200rpm)  <  MLC:333倍速 <(≒) SLC:266倍速

また、衝動買い。やってしまった!
8GBのCFカードは、Dドライブ(PCMCIAスロットのアダプタを付けて変換)で使うか、他のPCへ転用かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »