« 2007年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

EeePC901 カスタマイズログ - 総集編 -

※ EeePC901 カスタマイズログ - 総集編 - ※

EeePC901のカスタマイズを連載してきたが、特に現時点でこれ以上に行うことも無さそうなので、当方が行ったことを再度纏めて直してみた。

当方の利用目的は、このEeePC901で重たいアプリケーションなどは動かさず、外出先でメールとWeb閲覧のみである。
出先でのセカンドサブノートとしての用途しかなく、どこでも起動が早く、動作(メールとWeb閲覧など)がサクサク動けば目的達成。

参考にされる方は、利用目的から項目を選んで参照してほしいが、あくまでも自己責任でお願いします。

先ず購入時点のEeePC901の状態
  PowerON → 起動開始 → 24秒でWinXPが立ち上がり完了(早いの一言)
  一方、ドライブの状態はと言うと、
   c: 3.72GB  空き1.36GB (ディスク使用率:約64%)
   d: 7.50GB  空き6.75GB (ディスク使用率:約11%)

参考にされる方は、自己責任で!!!

■Windowsのアップデート
  ※アップデートする月日によって内容で異なるが、アップデートは必須。
   OSはXP(home edition)のSP3が入っているのでアップデート内容(差分)は、それほど多くない。
   Windowsのアップデートは、「高速」では無く「カスタム」から選択する方が良いと当方は考える。
   当然ならが、OSが入っているCドライブの領域は消費されます。

■物理的なパフォーマンスアップ
折角購入したEeePC901、デフォルトでも充分なのですが、
もう少しゆとりを与えて、サクサク化したい。
決して、デフォルト状態の立上りに、不満は無いが、ここは興味が出るところです。

1. 1GBメモリを2GBにアップグレード
  メモリの価格が下がっているので、2GBメモリ\5,000程度で購入(当方的にはチョト予算オーバ)
  購入したのは、Transcend DDR2-667(2GB) この製品は永久保証とのこと
  これは嬉しいが、シールを剥がしたことによるEeePC901本体に対するの保証は気になる

  早速、装着開始 
   電源アダプタとバッテリを外す。(基本です)
   裏蓋を開ける(EeePCのシールはユックリ剥がして影響ないところに貼る)
   メモリ差し替え
   電源アダプタとバッテリを装着。
   いざ、起動してみる
   正常に立ち上がってから、っマイコンピュータ → プロパティ → 全般からメモリの容量を確認する。

■不要アプリケーションのアンインストール
  ※これも必要に応じてですが、バンドルされているアプリケーションの使う使わないは、使用目的で異なる。
   当方は、不要なアプリケーションは根こそぎアプリケーションした。(アプリを使う/使わないは使用目的で決めてくださいね)

   以下は、「プログラムの追加と削除」からアプリケーション
    <c:にインストされているのアプリ>
      YoStore  ← 使わない(遅くて使えないし、セキュリティが心配)
      Skype   ← 使わない
      Windows Live 一式  ← 使わない
      Java 関係   ← 使わない

    <d:にインストされているのアプリ>
      Adobe Reader8  ← もっと軽いRDF Readerに変えるため
      InterVideo WinDVD   ← 使わない
      StarSuite8  ← 使わない

   以下は、「Windowsコンポーネントの追加と削除」からアンインストール
    <c:にインストされているのWindows系アプリ>
      Windows messenger  ← 使わない
      ゲーム一式   ← 使わない

   アンインストール後のゴミ掃除
      デスクトップ上のStarSuite8ショートカットホルダ 削除   
  スタート → プログラムからゲームを削除
  スタート → プログラムからInstall AiGuruU1 Skype Phoneを削除
     D:の全てのファイル (これは隠しファイルも含めて、NTFSでフォーマット)
         ※StarSuite8とSkype関係が、ProgramFileに一部残って残っているため。

   ここで、一度再起動

■圧縮解凍ツールをインストール
ドライバとをDLするとき、殆どが圧縮ファイルなので、解凍できるツールをDLしてインストールしておく。
特にこれと言った推奨はないが、当方は「lhaplus」がお気に入り
特に重くないので、C:\Program Filesにインストールしている。

■SDHCカードのHDD化
  EeePC901には、SD/SDHCスロットがある。
    メモリの価格が下がっているので、SDHCカード(16G) を\5,000 程度で購入
   (当方的には、予算オーバになってしまっている)購入したのは、A-DATA Turbo SDHC-16G

1. 「Hitachi Microdrive Filter」のインストと実行
   ※DL先 http://xpefiles.com/cs/files/folders/616/download.aspx

  DL後、適当なフォルダに解凍

2. SDHCカードを装着

3. 解凍したxpfildrvr1224_320のフォルダ内からcfadisk.infを編集

  35行目に、以下を追加
  %Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,USBSTORDiskUSB2.0__CardReader_SD0__0100

4. システム → プロパティ → ハードウェア → デバイスマネージャ
  ディスクドライブから、装着したSDHCカードが認識されていることを確認。

5. ここで、ドライバの更新を行う
  - 認識されているSDHCを選択して、右クリック → ドライバの更新
   - いいえ、今回は接続しませんを選択 → 次へをクリック
   - 一覧または特定の場所からインストールするを選択 → 次へをクリック
   - 検索しないで、インストールするドライバを選択するを選択 → 次へをクリック
    - ディスク使用をクリック → 編集保存したcfadisk.infを選択 → OK
    - Hitachi Microdriveと表示されたら、次へをクリック
  - ドライバの更新警告が表示されても、はいをクリック
  - ハードウェアのインストールが表示されるので、続行をクリック
  - 完了画面が表示されたら、完了をクリック
  - ここで再起動

6.EeePC901が立ち上がって、マイコンピュータを見るとハードディスクドライブにSDHCが表示されていれば成功
  ※HDD化する前のSDHCは、リムーバブルディスクにいます。

7.ファイルシステムの変更
  インストールされたSDHCはFAT32 フォーマットでNTFSに変更

8.インストールが完了したら、解凍したファイルは削除
 
これで、Eeepcc901は、C:(SSD) 4GB + D:(SSD) 8GB + SDHC 16GB = 28GBの環境となった。
 (実質的には、3.72GB + 7.50GB + 14.9GB = 約26GB)ですけどね

※近日中に、発売が予定されている拡張用SSDのことを考えて、Program Files関連はSDHCにインストールすることに変更した。

当方は
Cドライブ(4GB)  OSがメイン
Dドライブ(8GB)  データ保存用  ※増設SSD 32GBに拡張予定
Eドライブ(16GB) Program Files関連、my document用、その他保存ファイル用
Zドライブ(512MB) TEMPファイル用
で、割り当てるとしている。

■RAMDISK作成
SSDの負担も軽減させたいし、起動をもう少しアップしたい。
色々調べてみたら、「ERAM」が結構良いようですね。
当方は、初めて行う試みです。
RAMDISKは、テンポラリなファイル格納(電源オフ時に消える)を目的にする。

1.ERAMをDL
   ※DL先 http://hp.vector.co.jp/authors/VA000363/release/index.htmから
   「ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.20 ドライバ」をDL

2.初めて行う試みなので、インストール手順は、以下を参考にさせて頂いて行った
   http://hamashou.client.jp/introduction/eram/index.html

3.再起動後、マイコンピュータをクリックするとRAMディスクは、認識出来ている。 
 でも、このままでは使えないですね。

 ここで、マイコンピュータ → プロパティ → 詳細設定 → 起動と回復 → 
 編集 → 以下を[operating systems]の下に 追加
 multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition (RAMDisk)" /noexecute=optin /MAXMEM=1536 /fastdetect
 上書き保存 → OK → OK → 再起動

4.EeePCが立ち上がる際、起動システムを選択する表示
 ここは、Microsoft Windows XP Home Edition (RAMDisk)を選択する。

5.正常に立ち上がって、RAMディスクが確認できていれば
 起動システムを選択する表示は、何とかしたいので
 マイコンピュータ → プロパティ → 詳細設定 → 起動と回復 → 
 起動システムにあるオペレーティングシステムの一覧を......のチェックを外して、再起動。

6.正常に立ち上がってから、スタート → コントロールパネルから、ERAMをクリック
 ERAMの設定画面が表示されるので、当方は以下を設定

 ディスクサイズ 524288 (RAMDISKは512MBとしたいので、512 x 1024 = 524288)
  OS管理外領域にチェック
  メモリ上限検出にチェック
  TEMPディレクトリ作成にチェック

 適応 と OKをクリックして再起動

7.再び正常に立ち上がってから、マイコンピュータをクリックすると、その他に
 RAMディスクは認識出来ている。但し、これをクリックしても読み取れないので
 コマンドプロンプトから、
 RUNDLL32 ERAMNT.CPL,StartupFastfat 1

8.再起動

9.マイコンピュータから、RAMディスクをクリックすると、認識出来ている。

10.インストールが完了したら、解凍したファイルは削除

※電源オフで消えても良いTEMPファイルのドライブ移動(SSDの負担軽減対策)

■マウスパッド感度調整
感度がよいのか、チャタルとかキーボード操作中にマウスパッドに手があたると誤動作する事象ある。

1. これは、PDAとか携帯用の保護シートをマウスパッド部分に貼り付けると少し結構良さげです。
 でも、これは根本的な解決ではなかった。
 EeePC901のマウスパッドのドライバは、Windowsの標準マウスが認識されている。
 これでは、調整出来る範囲は限られるので、ASUSサイトでEeePC901用のドライバを検索してみたが、特に置かれていない。
 EeePC900/XP用が使えるらしいので、以下をやってみた。

2. ASUSサイトにlogin
   ※DL先 http://support.asus.com/download/download.aspx?SLanguage=ja-jp

3. Eee Famliy, Eee PC, Eee PC 900/XPを選択 → 検索
   
4. タッチパッドを選択 → バージョン(V7.0.1.4) → グローバルから、Touchpad_XP_080604をDL → 解凍

5. 解凍ファイルから、setupをクリックしてインストール 
  Windowsのi386に関する要求が出て来る場合、リカバリDISK(DVD)のi386xpを指定して続行する。

6. 完了して、再起動

7. デバイスマネージャのマウスを確認
  Elantech Smart-padが認識されている。

8. コントロールパネル → マウスのプロパティ → Elantech → デバイスからElantech スマートパッドを選択 → オプション
  で、パッドの調整が出来る。(デスクトップ右したに新たに作成されているインジゲータからでも可能)

9. インストールが完了したら、解凍したファイルは削除

これで、チャタリとか、キー入力中の不備が解消された。ASUSさん、もしかしてドライバを入れ忘れたのかも知れないな。

■モバイル化
このEeePC901の使用目的は、モバイル(Web閲覧とメール)
また位置付けはセカンドサブノートです。
WirelessLANも付いているので公衆hotspotでの接続は可能だが、キャリア接続となると接続アダプタは必要。
「ThinkPAD X40」で使っていたVodafobe Conect CardのVC701s(現ソフトバンク)は、Eeepc901の仕様では接続スロットがないので、
接続出来ない。

ここで、USB接続にはなるけど速度の速い(サービスエリアで接続出来るかは異なるが)
当方はイーモバイルを選択して「D02HW」購入と契約。EeePC901に「D02HW」を取り付け,,,

掲載してきた手順で行うと、D02HWをUSBに装着した時点で、
Windowsのi386に関する要求が出て来きたいたが、先に「D02HW」すればこれは出てこない。

ここから「D02HW」に必要なドライバとかユーティリティをインストール
無事に正常インストール完了。接続してみて、結構高速に接続出来た。

■パフォーマンスアップ
CPUがAtom(Dual core)なので、デフォルトでも充分早い
少し弄って、起動時間とか終了時間を短縮させることが出来れば、外出先でのバッテリーへの負担も
軽くなり、立上り速度も向上出来るはず。

1. マイコンピュータ → プロパティ → 詳細設定 → パフォーマンスから
   パフォーマンス優先を選択
   ※ファイルを開いたときの画面表示が変わるので、ツール → フィルダオプション → 
    作業から、フォルダに共通の.....を選択

2. デスクトップ → 右クリック → プロパティ → テーマから、windowsクラシックを選択

3. マイコンピュータ → プロパティ → 詳細設定 → 起動と回復からシステムエラーのチェックを全て外す
  デバック情報の書き込みは「なし」を選択後、再起動

4. CドライブとDドライブのプロパティから、「このディスクにインデックスを,,,,」の
  チェックを外して適応,,,  メッセージ表示されるが、全て無視で続ける。

※ここからは、ツールをDLしての作業
 特に、インストールしなくても充分パフォーマンスは上がっているが、レジストリとかの微調整は
 やってみたいので、幾つかのツールをDLして、実行してみました。
 当方は、ツール類は、Eドライブ(SDHC)に保存し、Dドライブにインストール

5. 「Bootvis1.3.37.0」のインストと実行
   ※DL先 http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se301488.html

   DL後の実行の仕方は、webでいおいろ公開されちますので、ご参照ください。
   Bootvisは、定期的に実行することが、良いらしい。

6. 「Win高速化 PC+」のインストと実行
   ※DL先 http://www.soft32.com/Download/Free/BootVis/4-19687-0.html

   レジストリとかの細かな微調整は面倒ですよね。
   ここは、フリーソフトのWin高速化 PC+を使ってみました。

   ※設定は、お好みでチューニングzzz

7. 「Tweak UI」のインストと実行
   ※DL先 http://www.microsoft.com/windowsxp/downloads/powertoys/xppowertoys.mspx

      英語版ソフトなので、日本語化するなら
   ※DL先 http://stereo.jpn.org/muttyan/ptoyxp.htmから
    TweakUijC.zip 「Tweak UI Ver2.10」を日本語かするをDL
    
    日本語化のやりかたは、http://www.softnavi.com/tweakui.htmlを参照
   
    当方は、特に日本語する必要もないので、英語版でやっています。

   ※設定は、お好みでチューニングzzz
   
   TweakUIの設定の参考
    一般
     アイドル時にハードディスクを最適化する をOFF
    エクスプローラ
     スタートメニューに最近使ったファイルを表示する をOFF
     ネットワークの履歴を保存する をOFF

8.「tuneapp」のインストと実行
   ※DL先 http://factory.sakura.ne.jp/tuneapp/
   windows2000用だが、Xpでも使える。

   ※設定は、お好みでチューニングzzz

   tuneappの設定の参考

    ファイルシステム
     NTFSディレクトリのアクセス時間の更新 をOFF
エクスプローラ
   アクティブデスクトップ をOFF
   ユーザの行動追跡 をOFF
    最近使ったファイルへ記録 をOFF
   「~のショートカット」をつける をOFF
行儀の悪いアプリ
   ワトソン博士を自動起動 をOFF

9.再起動

※internet explorerを動作させたとき、「http://runonce.msn.com/runonce2.aspx」を
表示することがあった場合、以下を実行する。

スタート → ファイル名を指定して実行 → regedit
HKEY CURRENT USER → Software → Microsoft → Internet Explorer → Main

RunOnceCompleteを作成 DWORD 値は1 (当方はこれが消えてました)
RunOnceHasShownを作成 DWORD 値は1

参考:http://support.microsoft.com/kb/556052/ja

■Cドライブ(SSD領域)の空きを増やす - part1 -
1.仮想メモリの変更
  ※SSDへの読み書き負担も防げるはず。

  EeePC901は、OS:WinXPで、メモリ:1GB実装していることから、
  ぺージングファイル領域は作成しないようにする対策として考えましたが、
  これは、さすがASUSさんの設計! デフォルトでページングファイルなしになっていました。

2.システムの復元領域の変更
  ※これは、メールとWeb閲覧目的なら、これは小さくしても特に問題無さそう。

   c: ディスク領域の使用 457MB → 200MBに変更
   d: ディスク領域の使用 922MB → 50MBに変更
   d: ディスク領域の使用 1838MB → 50MBに変更

3.ごみ箱の設定
  ごみ箱を空ににするを実行と、プロパティより同時削除を選択してOKをクリック

  ここで、再起動

再度、振り返ってみて購入時点のEeePC901の状態と比較
 【購入時点】
  PowerON → 起動開始 → 24秒でWinXPが立ち上がり完了
  ドライブの状態はと言うと、
   c: 3.72GB  空き1.36GB (ディスク使用率:約64%)
   d: 7.50GB  空き6.75GB (ディスク使用率:約11%)

 【ここまでのカスタマイズ結果】
  PowerON → 起動開始 → 18秒でWinXPが立ち上がり完了
  ドライブの状態はと言うと、
   c: 3.72GB  空き1.70GB (ディスク使用率:約54%)
   d: 7.50GB  空き7.46GB (ディスク使用率:約1%)

この時点で、起動時間とDISK容量アップは図れている。
もう少しCドライブの容量アップは行いたいが、ここからはリスク覚悟で,,,
過去自作PCでも色々やってきたことを応用してみる。

■Cドライブ(SSD領域)の空きを増やす - part2 -
ここから、不要なファイルを削除を開始するが、リスクがあるので覚悟は必要。
Wimdowsアップデートなど、不要なファイルはいっぱい作成されていますよね。
当方は、こんなことをやってみた。
   
1. ディスクのクリーンアップを実行(基本かな)

2. 不要ファイルの削除
   <cドライブ>
     以下を実行  
      c:\Windows直下の$で始まるファイル一式(隠しファイルです)削除
        ※Windowsのアップデート後は、アンインストしない限り不要
      c:\Windows\SoftwareDistribution\Download内のファイル一式 削除
      c:\Windows\ビットマップイメージファイル(壁紙)削除
      c:\Windows\web\wallpaper\ビットマップイメージファイルとJPEGイメージファイル(壁紙)削除
      c:\Windows\Downloaded Program Files\MUWebControl Class  削除
      c:\Windows\Downloaded Installations\配下のファイル(YoStore関連だったので) 削除  
      c:\Windows\inf\mdm*.*(隠しファイルです)はmodem関連、使っていないので削除
      c:\Windows\inf\net*.*(隠しファイルです)はNIC関連、これは削除しても影響なさそうなので削除
                ※ internet explorer7を使う場合はnetoc.infとnetoc.PNFは削除しない
        ※ inf\内には、使っていない(使わない)ファイルは多くあるが、
          容量的には、modem driver関係とnetwork driver関係が占めているので、当方はこの2つに絞った。
          ディスプレイドライバなども数あるが、小さなファイルなので、削除してもあまり効果がないので
          当方は削除していない。
      c:\Windows\system32\DRVSTORE\内のファイル一式 削除  
      c:\Windows\program Files\Realtekを一式 削除   

   再起動

3. ドライバー関係を移動
  c:\Windows\Driver Cache\i386\配下のファイルは、他のドライブに移動しても問題ない。
  先ず、Eドライブに、適当なファイル名(当方は、EeePC901_driversとしました)を作成
  次に、c:\Windows\Driver Cache\i386\配下のファイルを全て移動
  ※このファイルは、レジストリにも反映されているので、レジストリの修正は必須
      HKEY_LOCAL_MACHINE → SOFTWARE → Microsoft → Windows →   
      CurrentVersion → Setup → DriverCachePathを、E:\EeePC901_driversに変更。

   再起動

4. dllcacheを削除
  c:\WINDOWS\SYSTEM32\dllcache(隠しファイル)も結構、ファイル容量は大きい
  リスクは可也大きいけど、Cドライブの領域アップは行いたい
  このファイルは、キャッシュなので削除しても多分問題ないはず
  削除といっても、単にファイルを選択して削除するのではなく、コマンドプロンプトから行う

  スタート →「ファイル名を指定して実行」→ cmd
  コマンドプロンプトが開いたら、sfc /cachesize=0 を実行
     Windowsファイル保護は要求された変更を正しく適用しました。とメッセージ表示
  
  続いて、sfc /purgecache を実行
     Windowsファイル保護は要求された変更を正しく適用しました。とメッセージ表示

   再起動

5. 使わないフォントの削除
当方環境では、StarSuite8をアンインストールしたので、SUNに関するフォントは不要
また、使わない(多分)と思っているフォントもあるので、これを取りあえずは別ドライブに移動
※万が一必要となったとき用の修復用なので、圧縮保存させておく。(多分、必要ないが,,)

当方の環境では、sun* 以外のフォントに関しては、多分大丈夫そうなものだけを選んでみた。

参考までに
    Sun* で表示される「TrueTypeフォント」
    Dejavu * で表示される「TrueTypeフォント」
「O」で表示される「OpenTypeフォント」

 【ここまでのカスタマイズ結果】
  PowerON → 起動開始 → 17秒でWinXPが立ち上がり完了
  ドライブの状態はと言うと、
   c: 3.72GB  空き2.29GB (ディスク使用率:約39%)
   d: 7.50GB  空き7.46GB (ディスク使用率:約1%)

   再起動

フォントを削ることで、ある程度は起動が早くなる。

■ウィルス対策
セカンドサブノートといえ、ウィルスはNG。
対策ソフトの条件は、軽い、Disc容量への負担が小さい、安価がベスト
ですよね。
早速テスト開始。

1.  norton antivirus 2009(beta版)を以下からDL
  http://www.symantec.com/norton-beta/antivirus/
    ※まだ、RCなので、販売していません。

  動作は軽い!!(サクサク、バッテリーモードでもOK)

  ※こんな事象が出てる
  何もしない状態で、しばらく時間(6時間程度)を経過

   c:\ 3.72GB  空き24KB ← Discを使い切っているでは(なぜ!!!)
    何に消費しているのかな調べなきゃ....

どうも、原因が判らない。
セカンドサブノート(モバイルがメイン)の用途と言えども、自宅LAN環境に
繋ぐことを考えると、ウィルス対策は万全にしておきたいのが心境。
有償ソフトかフリーソフトかは悩むところだが、試しに取りあえずフリーで
使えるソフトを探してみた。

AVG    これは6年程前から、使っているソフトだが、Eeepc901ではチョット重い
avast  軽そうなので、Eeepc901で試して見たが、いまいち。
antivir これも、軽そうなので、Eeepc901で試して見た → 当方は気にいった。
http://cowscorpion.com/dl/AviraAntiVirPersonal-FreeAntivirus.html)
日本語版ではないが、当方には全く影響はないので、これで行くことにした。

 【antivirインストール後の結果】
  PowerON → 起動開始 → 17秒でWinXPが立ち上がり完了
  ドライブの状態はと言うと、
   c: 3.72GB  空き2.22GB (ディスク使用率:約41%)
   d: 7.50GB  空き7.46GB (ディスク使用率:約1%)

確かにCドライブの容量も70MB程度しか消費していない。
で、norton antivirus 2009で発生した断片化現象もない。
取りあえずは、このantivirでやってみることにする。

■液晶保護
EeePCは、ASUS ZBDサービスが付いている。購入後、特にドット欠けはない。
液晶画面は保護しておきたいので、保護シート(OverLay Plus for Eee PC 901-X)を購入
非常に気にいっている。ここは、ミヤビックスの直販部門
(いろいろ扱っているが、EeePC901の関係する商品は以下URL)

参考サイト
http://www.visavis.jp/shop/WebObjects/vv.woa/wa/dpc/EPC901/?dan=dpc%252FASUSUMPC%252F&ccc=ASUSUMPC&cpc=4525443018444

■増設SSD
以前から、ニュースでは報道されていたが、BUFFALO社からEeePC901用の増設SSDの予約開始が
7月28日から始まった。 価格は、想像していたより遥かに安い!
即効、販売代理店に予約申し込みしてた。 来るのが楽しみ

参考サイト
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0729/buffalo.htm

最後になったけど、その他細かい部分は変更している。
BUFFALO社のSSDを取り付けた時点で、再度構成変更になるかもしれない。
また、Linux(多分ubuntuになるかと)をUSBメモリから起動させたい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

EeePC901 カスタマイズログ - 号外3 -

※ EeePC901 カスタマイズログ - 号外3 - ※

少し前から気に掛かっていたSSD

Buffalo社製のEeePC901用増設SSD

「SHD-EP9M32G」(32GB)と「SHD-EP9M64G」(64GB)の2製品。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0729/buffalo.htm

ヨドバシビックカメラ、ソフマップなどで、今日からが予約開始された。
販売価格は、想像していたより遥かに安い!

メーカ希望小売価格は32GBが16,800円、64GBが33,600円となっているのに対して
各サイトの予約価格は、それぞれ、14,800円と29,800円となっている。

即効、予約しちゃいました。

出荷開始は、9月中旬以降,,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

EeePC901 カスタマイズログ - 号外2 -

※ EeePC901 カスタマイズログ - 号外2 - ※

先日購入した、保護シート(OverLay Plus for Eee PC 901-X)非常に気にいっている。
ここは、ミヤビックスの直販部門(いろいろ扱っているが、EeePC901の関係する商品は以下URL)

参考サイト
http://www.visavis.jp/shop/WebObjects/vv.woa/wa/dpc/EPC901/?dan=dpc%252FASUSUMPC%252F&ccc=ASUSUMPC&cpc=4525443018444

一方、知人からEeePCの書籍を買ったので、参考までに見せてくれた。
うむ、EeePC901でも使える部分もあるが、当方が遣りたいことは概ね出来ていたので、あえて購入しなくてよかった。
軽いウィルス対策ソフト導入とERAM(初めて使う)のでこれは参考に読んでみた。

今までやったことを纏めている。総集編で、記載しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

EeePC901 カスタマイズログ - part9-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part9- ※

part8からの続きです。

参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!

■液晶保護
EeePCは、ASUS ZBDサービスが付いている。
購入して2週間を経過し、特にドット欠けはない。
時間も無かったこともあるけど、液晶画面は保護しておきたいので、
保護シート(OverLay Plus for Eee PC 901-X)を購入し、装着した。

参考サイト
http://www.visavis.jp/shop/WebObjects/vv.woa/wa/dpp/4525443018895/?dan=dpc%252FASUSUMPC%252F&ccc=ASUSUMPC

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

EeePC901 カスタマイズログ - 号外 -

※ EeePC901 カスタマイズログ - 号外 - ※

知人からEeePCの書籍があるとの情報が入った。

http://www.shuwasystem.co.jp/eeepc-sp/index.html

901用かは判らないけど売れ筋PCなので、書籍も出てくるのですね。

タイトルを見てみたら、特に購入しなくても,,,,,  と。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

EeePC901 カスタマイズログ - part8-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part8- ※

part7からの続きです。

参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!

■マウスパッドの感度調整 -part2-
EeePC901のマウスパッドのドライバは、Windowsの標準マウスが認識されている。
これでは、調整出来る範囲は限られるので、ASUSサイトでEeePC901用のドライバを
検索してみたが、特に置かれていない。
EeePC900/XP用が使えるらしいので、これを使ってみる。

1. ASUSサイトにlogin
DL先 http://support.asus.com/download/download.aspx?SLanguage=ja-jp

2. Eee Famliy, Eee PC, Eee PC 900/XPを選択 → 検索
   
3. タッチパッドを選択 → バージョン(V7.0.1.4) → グローバル
  から、Touchpad_XP_080604をDL → 解凍

4. 解凍後、インストール
  Windowsのi386に関する要求が出て来る場合、リカバリDISK(DVD)のi386xpを指定して続行する。

5. デバイスマネージャのマウスを確認
  Elantech Smart-padが認識されている。

6. コントロールパネル → マウスのプロパティ → Elantech
  → デバイスからElantech スマートパッドを選択 → オプション
  で、パッドの調整が出来る。

これで、チャタリとか、キー入力中の不備が解消された。

ASUSさん、ドライバを入れ忘れたのかも知れないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

EeePC901 カスタマイズログ - part7-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part7- ※

part6からの続きです。

参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!

モバイル化の出来たので、セキュリティ強化は後回し(と言っても早期に
やっておきたいが、時間がないので,,,,,)
先ずは、その前にやって起いたこと...

■RAMDISK作成
SSDの負担も軽減させたいし、起動をもう少しアップしたい。
色々調べてみたら、「ERAM」が結構良いようですね。
当方は、初めて行う試みです。
DL先 http://hp.vector.co.jp/authors/VA000363/release/index.htmから
   「ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.20 ドライバ」をDL

1.インストール手順は、以下を参考にさせて頂いて行った
   http://hamashou.client.jp/introduction/eram/index.html

2.再起動後、マイコンピュータをクリックするとRAMディスクは、認識出来ている。 
 でも、このままでは使えないですね。

 ここで、マイコンピュータ → プロパティ → 詳細設定 → 起動と回復 → 
 編集 → 以下を[operating systems]の下に 追加
 multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition (RAMDisk)" /noexecute=optin /MAXMEM=1536 /fastdetect
 上書き保存 → OK → OK → 再起動

3.EeePCが立ち上がる際、起動システムを選択する表示
 ここは、Microsoft Windows XP Home Edition (RAMDisk)を選択する。

4.正常に立ち上がって、RAMディスクが確認できていれば
 起動システムを選択する表示は、何とかしたいので
 追加した「multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition (RAMDisk)........」の
 下にある1行を削除しても良さげですが、なにか問題が発生したことを考えて、以下をやってみた。
 マイコンピュータ → プロパティ → 詳細設定 → 起動と回復 → 
 起動システムにあるオペレーティングシステムの一覧を......のチェックを外す

5.正常に立ち上がってから、スタート → コントロールパネルから、ERAMをクリック
 ERAMの設定画面が表示されるので、当方は以下を設定

 ディスクサイズ 524288 (RAMDISKは512MBとしたいので、512 x 1024 = 524288)
  OS管理外領域にチェック
  メモリ上限検出にチェック
  実デバイス扱いにチェック
  TEMPディレクトリ作成にチェック

 適応 と OKをクリックして再起動

6.再び正常に立ち上がってから、マイコンピュータをクリックすると、ハードディスクドライブに
 RAMディスクは認識出来ている。(当方の設定環境ではサイズは502MBになっていた)

ここには、テンポラリなファイル格納(電源オフ時に消える)を目的にする予定。

もう少し書きたいが、今回はここまで。

どうも設定に不備があったので、以下に修正した

【修正】
5.正常に立ち上がってから、スタート → コントロールパネルから、ERAMをクリック
 ERAMの設定画面が表示されるので、当方は以下を設定

 ディスクサイズ 524288 (RAMDISKは512MBとしたいので、512 x 1024 = 524288)
  OS管理外領域にチェック
  メモリ上限検出にチェック
  TEMPディレクトリ作成にチェック

 適応 と OKをクリックして再起動

6.再び正常に立ち上がってから、マイコンピュータをクリックすると、その他に
 RAMディスクは認識出来ている。但し、これをクリックしても読み取れないので
 コマンドプロンプトから、
 RUNDLL32 ERAMNT.CPL,StartupFastfat 1

7.再起動

8.マイコンピュータから、RAMディスクをクリックすると
 ファイルは認識出来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

EeePC901 カスタマイズログ - part6-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part6- ※

part5からの続きです。

参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!

まだ、カスタマイズなどをやりたいことはあるけど、
目的のモバイル接続から。

■モバイル化
このEeePC901の使用目的は、モバイル(Web閲覧とメール)
また位置付けはセカンドサブノートです。
WirelessLANも付いているので公衆hotspotでの接続は可能だが
キャリア接続となると、アダプタは必要。
「ThinkPAD X40」で使っていたVodafobe Conect CardのVC701s(現ソフトバンク)は、
Eeepc901の仕様では接続スロットがないので、接続出来ない。

ここで、USB接続にはなるけど速度の速い(サービスエリアで異なるが)
イーモバイルを選択して「D02HW」購入と契約。

早速、EeePC901に「D02HW」を取り付け,,,

ここで、問題が発生.
今まで削除したファイルの影響か、D02HWをUSBに装着した時点で、
Windowsのi386に関する要求が出て来る。
(要求メッセージを控えていなかったので、はっきりと覚えていないが、
bootxxx.xxxだったような)

ここは焦ることは、全くなく、リカバリDISC(DVD)のi386xpを指定して
続行することで回避できる。

ここから「D02HW」に必要なドライバとかユーティリティをインストール
無事に正常インストール完了。
接続してみて、結構高速に接続出来た。

■マウスパッドの感度調整
感度がよいのか、チャタルとかキーボード操作中にマウスパッドに手が
あたると誤動作する
事象ありますね。

1. これは、PDAとか携帯用の保護シートをマウスパッド部分に
貼り付けると結構良さげです。

2.ドライバの変更で解消出来るらしいが、今のところ、
保護シートで支障ないので、当方はまだ行っていません。
 
■セキュリティ強化
セカンドサブノートといえ、ウィルスはNG。
対策ソフトの条件は、軽い、Disc容量への負担が小さい、安価がベスト
ですよね。pc whole blogの管理人さんから以下を紹介して頂いたので、
早速テスト開始。

1.  norton antivirus 2009(beta版)を以下からDL
  http://www.symantec.com/norton-beta/antivirus/
    ※まだ、RCなので、販売していません。

  動作は軽い!!(サクサク、バッテリーモードでもOK)

  ※こんな事象が出てる
  何もしない状態で、しばらく時間(6時間程度)を経過

    c:\ 3.72GB  空き24KB ← Discを使い切っているでは(なぜ!!!)
   何に消費しているのかな調べなきゃ....

  デフラグツールで確認すると、全て断片化ファイル,,,, 一度シャットダウンすると元のサイズ(norton antivirus 2009をインストールした約110MB分の消費)を除いた分が空き領域に戻る,,, nortonが何かを実行してそれが原因で断片化ファイルが増えているのか、インストールしたSSD(4G)のDisc容量の問題なのかを解析中。

norton antivirus 2009は軽いし、インストールに使用するDisc領域は110MB程度。機能面でも充実しているので、何とかこのantivirusソフトは使いたいが、EeePC901で上手く(上記事象なく)使えるかをもう一度検証することにする。

Blogを閲覧されて、ヒントがあればご教授ください。

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

EeePC901 カスタマイズログ - part5-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part5- ※

part4からの続きです。

参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!

■もう少しCドライブにゆとりを!
前回からの続きです。

2. dllcacheを削除
  c:\WINDOWS\SYSTEM32\dllcacheも結構、ファイル容量は大きい
  リスクは可也大きいけど、Cドライブの領域アップは行いたい
  このファイルは、キャッシュなので削除しても多分問題ないはず
  削除といっても、単にファイルを選択して削除するのではなく、コマンドプロンプトから行う

  スタート →「ファイル名を指定して実行」→ cmd
  コマンドプロンプトが開いたら、
   sfc /cachesize=0 を実行
     Windowsファイル保護は要求された変更を正しく適用しました。とメッセージ表示
  続いて
   sfc /purgecache
     Windowsファイル保護は要求された変更を正しく適用しました。とメッセージ表示
  ここで再起動。

  【dllcacheno削除前】
    c: 3.72GB  空き1.82GB (ディスク使用率:約52%)
    d: 7.50GB  空き7.38GB (ディスク使用率:約1%)

  【dllcacheno削除後】
    c: 3.72GB  空き2.06GB (ディスク使用率:約45%)約240M増
    d: 7.50GB  空き7.38GB (ディスク使用率:約1%)

3. マイドキュメントとか「TMPファイル」と「TEMPファイル」の移動も考えてみたが、
  その前に、SDHCカードのHDD化とRAMDISC構築から取り掛かることにした。

■SDHCカードのHDD化
  EeePC901には、SD/SDHCスロットがある。
    - part4- にも記しているようにメモリの価格が下がっているので、SDHCカー(16G) を
    \5,000 程度で購入(当方的には、また予算オーバになってしまっているが)
  購入したのは、A-DATA Turbo SDHC-16G

1. 「Hitachi Microdrive Filter」のインストと実行
   ※DL先 http://xpefiles.com/cs/files/folders/616/download.aspx

  適当なフォルダに解凍

2. SDHCカードを装着

3. 解凍したxpfildrvr1224_320のフォルダ内からcfadisk.infを編集

  35行目に、以下を追加
  %Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,USBSTORDiskUSB2.0__CardReader_SD0__0100

4. システム → プロパティ → ハードウェア → デバイスマネージャ
  ディスクドライブ に装着したSDHCカードが認識されていることを確認。

5. ここで、ドライバの更新を行う
  - 認識されているSDHCを選択して、右クリック → ドライバの更新
   - いいえ、今回は接続しませんを選択 → 次へをクリック
   - 一覧または特定の場所からインストールするを選択 → 次へをクリック
   - 検索しないで、インストールするドライバを選択するを選択 → 次へをクリック
    - ディスク使用をクリック → 編集保存したcfadisk.infを選択 → OK
    - Hitachi Microdriveと表示されたら、次へをクリック
  - ドライバの更新警告が表示されても、はいをクリック
  - ハードウェアのインストールが表示されるので、続行をクリック
  - 完了画面が表示されたら、完了をクリック
  - ここで再起動

6.EeePC901が立ち上がって、マイコンピュータを見るとハードディスクドライブに
 SDHCが表示されていれば成功
 ※HDD化する前のSDHCは、リムーバブルディスクにいます。

7.ファイルシステムの変更
 インストールされたSDHCはFAT32 → フォーマットでNTFSに変更
 
 これで、Eeepcc901は、SSD4G + SSD8G + SDHC16G=28の環境となった。

 (実質的には、3.72G + 7.50G + 14.9G=約26G)ですけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

EeePC901 カスタマイズログ - part4-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part4- ※

part3からの続きです。

参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!

■もう少しパフォーマンスアップ出来ないか
折角購入したEeePC901、デフォルトでも充分なのですが、
もう少しゆとりを与えて、サクサク化したい。
決して、デフォルト状態の立上りに、不満は無いが、ここは興味が出るところです。

1. 1GBメモリを2GBにアップグレード
  メモリの価格が下がっているので、2GBメモリ\5,000程度で購入(当方的にはチョト予算オーバ)
  購入したのは、Transcend DDR2-667(2GB) この製品は永久保証とのこと
  これは嬉しいが、シールを剥がしたことによるEeePC901本体に対するの保証は気になる

  早速、装着開始 
   電源アダプタとバッテリを外す。(基本です)
   裏蓋を開ける(EeePCのシールはユックリ剥がして影響ないところに貼る)
   メモリ差し替え
   電源アダプタとバッテリを装着。
   いざ、起動してみる

  【メモリ交換前の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 19秒でWinXPが立ち上がり完了

  【メモリ交換後の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 17秒でWinXPが立ち上がり完了 (2秒早くなった)
   
  タスクマネージャで、2GBを認識している。
  メモリーアップグレードは成功!!(製品によって相性とかあるようですので、ご注意) 

  ※バッテリーモードで使用する時の「持ち時間」は多少は少なくなるはず。
   結果として、フル充電状態で約30分短くなったが、これは想定内(許容範囲),,,,,

  起動時間も充分と言うくらい高速になっているが、欲は出てきます。
  ハードウェア(メモリ増強)以外で、試せることは無いか,,,,
  となれば、windowsのシステム的なところでチューニングか,,,

2. マイコンピュータ → プロパティ → 詳細設定 → 起動と回復から
  システムエラーのチェックを全て外す
  デバック情報の書き込みは「なし」を選択

3. CドライブとDドライブのプロパティから、「このディスクにインデックスを,,,,」の
  チェックを外して適応,,,  メッセージ表示されるが、全て無視で続ける。

   <ここで再起動>

  【変更前の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 17秒でWinXPが立ち上がり完了

  【変更後の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 16秒~17秒でWinXPが立ち上がり完了 (約1秒早くなったが、これは微妙) 

■もう少しCドライブにゆとりを!
限られた領域しかないCドライブ。もう少し空き領域を増やしたい。
Dドライブは、アクセス頻度の少ないドライブとして使いたい目的があるので、ここに移動させる。

1. ドライバー関係を移動
  c:\Windows\Driver Cache\i386\配下のファイルは、他のドライブに移動しても問題ない。
  先ず、Dドライブに、適当なファイル名(当方は、driversとしました)を作成
  次に、c:\Windows\Driver Cache\i386\配下のファイルを全て移動
  ※このファイルは、レジストリにも反映されているので、レジストリの修正は必須
      HKEY_LOCAL_MACHINE → SOFTWARE → Microsoft → Windows →   
      CurrentVersion → Setup → DriverCachePathをd:\Driversに変更。

ここまでカスタマイズ結果

  ☆購入時のディフォルト状態

  【起動時間とディスク使用状況】   
    PowerON → 起動開始 → 24秒でWinXPが立ち上がり完了

    c: 3.72GB  空き1.36GB (ディスク使用率:約64%)
    d: 7.50GB  空き6.75GB (ディスク使用率:約11%)

  ☆カスタマイズ後の状態

  【起動時間とディスク使用状況】   
    PowerON → 起動開始 → 16秒でWinXPが立ち上がり完了 (約8秒早くなった)

    c: 3.72GB  空き1.82GB (ディスク使用率:約52%)約460MB増
    d: 7.50GB  空き7.38GB (ディスク使用率:約1%) 約63MB増

まだ、もう少しやってみたいが、今回はここまで,,,,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC901 カスタマイズログ - part3-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part3- ※

part2からの続きです。

参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!

■パフォーマンスアップ
CPUがAtom(Dual core)なので、デフォルトでも充分早い
少し弄って、起動時間とか終了時間を短縮させることが出来れば、バッテリーへの負担も
軽くなり、立上り速度も向上出来るはず。

1. マイコンピュータ → プロパティ → 詳細設定 → パフォーマンスから
   パフォーマンス優先を選択
   ※ファイルを開いたときの画面表示が変わるので、ツール → フィルダオプション → 
    作業から、フォルダに共通の.....を選択

2. デスクトップ → 右クリック → プロパティ → テーマから、windowsクラシックを選択

※ここからは、ツールをDLしての作業
 特に、インストールしなくても充分パフォーマンスは上がっているが、レジストリとかの微調整は
 やってみたいので、幾つかのツールをDLして、実行してみました。
 ツール類は、Dドライブに保存し、Cドライブにインストール

3. 「Bootvis1.3.37.0」のインストと実行
   ※DL先 http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se301488.html

  【インストール前の起動時間】
        ※上記迄の作業を行っているので、購入時より早くはなっている。
    PowerON → 起動開始 → 23秒でWinXPが立ち上がり完了(購入時より、1秒早くなっています)

  【インストール後の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 21秒でWinXPが立ち上がり完了 (2秒早くなった)

4. 「Win高速化 PC+」のインストと実行
   ※DL先 http://www.soft32.com/Download/Free/BootVis/4-19687-0.html

   レジストリとかの細かな微調整は面倒ですよね。
   ここは、フリソフトのWin高速化 PC+を使ってみました。
   インスト前に、圧縮解凍ソフト(lhplus)をインストしなくては,,,,

   ※設定は、お好みでチューニングzzz

  【インストール前の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 21秒でWinXPが立ち上がり完了

  【インストール後の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 20秒でWinXPが立ち上がり完了 (1秒早くなった)

5. 「Tweak UI」のインストと実行
   ※DL先 http://www.microsoft.com/windowsxp/downloads/powertoys/xppowertoys.mspx

      英語版ソフトなので、日本語化するなら
   ※DL先 http://stereo.jpn.org/muttyan/ptoyxp.htmから
    TweakUijC.zip 「Tweak UI Ver2.10」を日本語化する 03/09/23 175KBをDL
    
    日本語化のやりかたは、http://www.softnavi.com/tweakui.htmlを参照
   
    当方は、特に日本語する必要もないので、英語版でやっています。

   ※設定は、お好みでチューニングzzz

  【インストール前の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 20秒でWinXPが立ち上がり完了

  【インストール後の起動時間】
    PowerON → 起動開始 → 19秒でWinXPが立ち上がり完了 (1秒早くなった)

  【各ツールのインストール前】
   c: 3.72GB  空き1.64GB (ディスク使用率:約56%)
   d: 7.50GB  空き7.47GB (ディスク使用率:約1%)

  【各ツールのインストール後】
   c: 3.72GB  空き1.59GB (ディスク使用率:約58%)約60MB減
   d: 7.50GB  空き7.46GB (ディスク使用率:約1%) 約10MB減

  ここで、ディスククリーンアップを実行

  【ディスククリーンアップ実行後】
   c: 3.72GB  空き1.75GB (ディスク使用率:約53%)約140MB増
   d: 7.50GB  空き7.51GB (ディスク使用率:約1%) 約50MB増

| | コメント (0) | トラックバック (1)

EeePC901 カスタマイズログ - part2-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part2- ※

part1からの続きです。

参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!

■SSD領域の空きを増やす
EeePC901のドライブは、C:4GB (SSD/SLC) 4GB / D:8GB (SSD/MLC)
SSDを8GBとか16GBに交換してドライブ容量アップするのも良いですが、
ここは財布との相談が必要ですね。

当方は、お金をかけずに(SSDの入替をせずに)、貴重な領域を節約させたいことから色々とチャレンジ

1.仮想メモリの変更
  ※SSDへの読み書き負担も防げるはず。

  EeePC901は、OS:WinXPで、メモリ:1GB実装していることから、
  ぺージングファイル領域は作成しないようにする対策として考えましたが、
  これは、さすがASUSさんの設計! デフォルトでページングファイルなしになっていました。

2.システムの復元領域の変更
  ※これは、メールとWeb閲覧目的なら、これは小さくしても特に問題無さそうかな。

   c: ディスク領域の使用 457MB → 200MBに変更
   d: ディスク領域の使用 922MB → 50MBに変更

3. 使わないアプリをアンインスト
  ※これも必要に応じてですが、当方の使用目的で不要なアプリは根こそぎアンインストしました。
   必要最低限まで、押さえています。

   <c:にインストされているのアプリ系のアンインスト>
      YoStore ← 使わないと言うより、遅くて使えない(セキュリティ面もあるので当方は断念)
          ※「プログラムの追加と削除」では、エラーになるので、スタート→プログラム→YoStore
           から、UnInstall YoStoreを実行

     以下は、「プログラムの追加と削除」からアンインスト
      Skype ← 使わない
      Windows Live 一式 ← 使わない
      Java 関係 ← 使わない

     以下は、「Windowsコンポーネントの追加と削除」からアンインスト
      Windows messenger ← 使わない
      ゲーム一式  ← 使わない

   <d:にインストされているのアプリ系のアンインスト>
     以下は、「プログラムの追加と削除」からアンインスト
      Adobe Reader8 ← もっと軽いRDF Readerに変えるため
      InterVideo WinDVD  ← 使わない
      StarSuite8 ← 使わない

   <ここで再起動>

  【アンインスト前】 
   c: 3.72GB  空き1.36GB (ディスク使用率:約64%)
   d: 7.50GB  空き6.75GB (ディスク使用率:約11%)

  【アンインスト後】
   c: 3.72GB  空き1.68GB (ディスク使用率:約55%)約320MB増
   d: 7.50GB  空き7.44GB (ディスク使用率:約1%) 約690MB増

4. Windowsのアップデート
  ※アップデートする月日によって内容で異なるが、アプデートは必須。
   OSはXP(home edition)のSP3が入っているのでアップデート内容(差分)は、それほど多くない。
   Windowsのアップデートは、「高速」では無く「カスタム」から選択する方が良いと当方は考える。
   当然ならが、OSが入っているCドライブの領域は消費されます。

  【アップデート前】
   c: 3.72GB  空き1.68GB (ディスク使用率:約55%)
   d: 7.50GB  空き7.44GB (ディスク使用率:約1%)

  【アップデート後】
   c: 3.72GB  空き1.51GB (ディスク使用率:約60%)約170MB減
   d: 7.50GB  空き7.44GB (ディスク使用率:約1%)
  
5.不要なファイルとフォルダを削除
  ※Wimdowsアップデートをすると不要なファイルは作成されていますよね。
   また、アンインストをしても、ゴミフォルダも一部残る場合もありますよね。
   当方は、こんなことをやってみました。
  
   取りあえずは、ディスクのクリーンアップを実行(基本かな)
   次に、不要なファイルを削除

   <cドライブ>
     以下を実行  
      c:\Windows直下の$で始まるファイル一式(隠しファイルです)削除
       ※Windowsのアップデート後は、アンインストしない限り不要です。

      c:\Windows\SoftwareDistribution\Downloadのファイル一式 削除

      c:\Windows\ビットマップイメージファイル(壁紙)削除

      c:\Windows\web\wallpaper\ビットマップイメージファイルとJPEGイメージファイル(壁紙)削除

      c:\Windows\inf\mdm*.*(隠しファイルです)はmodemは使っていないので削除

      デスクトップ上のStarSuite8ショートカットホルダ 削除
       ※3. 使わないアプリをアンインストしても残骸が残る

      スタートメニュのゲームホルダとInstall AiGuruU1 Skype Phoneを削除
       ※3. 使わないアプリをアンインストしても残骸が残る

      c:\Windows\Downloaded Program Files\MUWebControl Class  削除

      c:\Windows\Downloaded Installations\配下のファイル(YoStore関連だったので) 削除   

   <dドライブ>
     以下を実行 
      d:\配下を全て削除(と、言うよりNTFSでフォーマット)
       ※U1 Setupは、skypeを使わないので削除しても影響はない
       ※\Sun\StarSuite8は、3. 使わないアプリをアンインストした残骸

   <ごみ箱>
     ごみ箱を空ににするを実行と、プロパティより同時削除を選択してOKをクリック

   <ここで再起動>

  【削除前】
   c: 3.72GB  空き1.51GB (ディスク使用率:約60%)
   d: 7.50GB  空き7.44GB (ディスク使用率:約1%)

  【削除後】
   c: 3.72GB  空き1.64GB (ディスク使用率:約56%)約170MB増
   d: 7.50GB  空き7.47GB (ディスク使用率:約1%) 約30MB増

  ※ディスクの圧縮の設定をやってみましたが、効果なしと言うか逆に50MB程度
   ディスク使用容量が増えたので、リカバリからやり直しました。(泣)
   ディスクの圧縮は「遣らなきゃ良かった」と自己反省zzzz

6. ASUS OSクリーナをインストと実行
   http://support.asus.com/download/download.aspx?SLanguage=ja-jpから
   ASUS OS Cleaner Utility for Windows XP をDLして、実行。

  気になるディスク領域は、
   c: 3.72GB  空き1.64GB (ディスク使用率:約56%)変化なし
   d: 7.50GB  空き7.47GB (ディスク使用率:約1%) 変化なし

   ※デフォルトで、C:\ Program Files\ASUS\ASUS OS Cleaner\AsOSCleanerが、
    入っているので特にインストールし直す必要ないかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC901 カスタマイズログ - part1-

※ EeePC901 カスタマイズログ - part1- ※

ASUSから、待ちに待ったEeePC901が、7月12日に発売されました。
軽いこと、小さい(セカンドバックに入るサイズ)、CPU性能、SSD搭載、バッテリの持ち
発熱量など6つ観点から、7月12日朝に即効ネットで購入(買いに行ける時間がとれなかった)。
発売日が土曜で、翌日日曜なので、Shopの出荷が7月14日になってしまった。(チョット出遅れたかな)
7月15日に現物が宅配便到着! 開梱! おっ、思っていたより、はるかに良いではないか!
(安い=ショボイのでは?のイメージは、当方は、全く無い。どちらかと言うと感動!!!)
欲を言えば、当方はThinkPADのキータッチが好みなので、EeePC901は少し物足りない。
でも、慣れればこれは問題ないかな。

当方は、昔から、ノートPCを購入しても、入っているOSは使わないと言うか、要らないアプリが一杯
バンドルされているので、ドライブ内を一度全て削除して、別途ライセンスとして持っているOS から
入れ直しをやるのですが、EeePC901は、メイン(Cドライブ)が4GBしか無いと言うこともあって、
慎重に行わないと,,,
でも、初物は色々試してみたく、PC内のフォルダを確認したところ、使わないアプリが色々入って
いるものの、結構少ない。
これなら、OS入れ直しをしなくても、自分なりの使用目的に合わせたカスタマイズが、出来そう。
(当方は、メーカであるASUSさんを信頼しているので、製品に対する一切の不安とかはない。)

以下、使用目的を考えて、自分なりにカスタマイズなど、やったことを纏めてみました。
☆職場の方のBlogにも、コメントとして掲載しています。(内容とかが一部異なりますが,,,)☆
参考にされる方は、あくまでも自己責任で!!!
  ※当方の使用目的はセカンドサブノート(主に出先でメールとWeb閲覧目的とした
   モバイルPC)仕様としてのカスタマイズ。

初期状態
  PowerON → 起動開始 → 24秒でWinXPが立ち上がり完了(早いの一言)
  一方、ドライブの状態はと言うと、
   c: 3.72GB  空き1.36GB (ディスク使用率:約64%) ← 主にOSとProgramファイルが入っている
   d: 7.50GB  空き6.75GB (ディスク使用率:約11%)  ← 一部のProgramファイルが入っている
  うむ、使わないアプリが色々入っているな,,,,,,,

ここからが、カスタマイズ!
  当方は、IT関係の仕事ををしているが、どちらかと言うと、コンピュータ系ではなくネットワーク系です。
  LAN技術が日本に上陸した頃(1984年)から、コンピュータとは付き合っています。
  過去の経験でやれること考えてみた。
  数回に分けて、やったことを記して行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2008年8月 »