« pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#6) | トップページ | pdaXrom 1.1.0 beta2に挑戦!(纏め#1) »

2006年2月11日 (土)

pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#7)

pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#6)からの続きです。

pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#1)の⑤.SDカードにswap領域と
FAT領域の作成では、128MBのSDカードを使用した場合で記述して
いました。
これは、RC10~RC12では512MBのSDカードが上手く動かなかった
ので、その延長でやってましたが、今回、再度512MBに挑戦して
みました。正常に機能しているかは、チョット不安です。
(確かどこかのサイトでは128MBまでしか使えないとか..と
掲載されていたような記憶がありますので...)
取り敢えず、暫く使ってみることにします。

纏め#7は、以下の内容です。

⑤.SDカードにswap領域とFAT領域の作成の追記

-------------------------------------------------------------
⑤.SDカードにswap領域とFAT領域の作成の追記
■ここでは、SDカードにswap領域とFAT領域を作成します。
 当方は、512MBのSDカードを使い、swap領域とFAT領域を設定しました。
 
- SDカードを挿入
- コンソールを立ち上げます

    - # umount /mnt/card
    - # fdisk /dev/mmcd/disc0/disc

      Command (m for help):

   ここで、コマンド一覧を以下に示しておきます。

      Command action
         a   toggle a bootable flag
         b   edit bsd disklabel
         c   toggle the dos compatibility flag
         d   delete a partition
         l   list known partition types
         m   print this menu
         n   add a new partition
         o   create a new empty DOS partition table
         p   print the partition table
         q   quit without saving changes
         s   create a new empty Sun disklabel
         t   change a partition's system id
         u   change display/entry units
         v   verify the partition table   
         w   write table to disk and exit
         x   extra functionality (experts only)

      Command (m for help):

- SDカードに存在するパーティーションの削除

      Command (m for help): d ← 「d」を入力して、enter
      Partition number (1-4): 1 ← 「1」を入力して、enter

- パーティーション(FAT領域用)の作成

      Command (m for help): n ← 「n」を入力して、enter
      Command action
        e   extended
        p   primary partition (1-4)
      p ← 「p」を入力して、enter
      Partition number (1-4): 1 ← 「1」を入力して、enter
      First cylinder (1-992, default 1):入力無しでenter
      Using default value 1
      Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-992, default 992): +10M
                                                                       「+10M」を入力して、enter

- パーティーション(swap領域用)の作成

      Command (m for help): n ← 「n」を入力して、enter
      Command action
        e   extended
        p   primary partition (1-4)
      p ← 「p」を入力して、enter
      Partition number (1-4): 2 ← 「2」を入力して、enter
      First cylinder (21-992, default 21):入力無しでenter
      Using default value 21
      Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (21-992, default 992):
                                                                                入力無しでenter
      Using default value 992

- パーティーション(system id)の変更

      Command (m for help): t ← 「t」を入力して、enter
      Partition number (1-4): 1 ← 「1」を入力して、enter
      Hex code (type L to list codes): 6 ← 「6」を入力して、enter
      Changed system type of partition 1 to 6 (FAT16)

- 作成したパーティーションを確認

      Command (m for help): p ← 「p」を入力して、enter

      Disk /dev/mmcd/disc0/disc: 512 MB, 512229376 bytes
      16 heads, 63 sectors/track, 992 cylinders
      Units = cylinders of 1008 * 512 = 516096 bytes

          Device Boot      Start   End   Blocks  Id  System
      /dev/mmcd/disc0/part1    1     20   10048+   6  FAT16
      /dev/mmcd/disc0/part2   21    992  489888   83  Linux

      *うむ,, 間違いは無さそうです。
       当方は、パーティションテーブル追加・編集で以下を作成しています。
   /dev/mmcd/disc0/part1 /mnt/sd
   /dev/mmcd/disc0/part2 /mnt/card

- ここで、設定を書き込みます。

      Command (m for help): w ← 「w」を入力して、enter
      The partition table has been altered!

      Calling ioctl() to re-read partition table.

      WARNING: If you have created or modified any DOS 6.x
      partitions, please see the fdisk manual page for additional
      information.
      Syncing disks.

- 作成したパーティーションのフォーマットします。

    - # mkfs.msdos /dev/mmcd/disc0/part1
      mkfs.msdos 2.10 (22 Sep 2003)

    - # mkfs.ext3 /dev/mmcd/disc0/part2
      mke2fs 1.34 (25-Jul-2003)
      Filesystem label=
      OS type: Linux
      Block size=1024 (log=0)
      Fragment size=1024 (log=0)
      122880 inodes, 489888 blocks
      24494 blocks (5.00%) reserved for the super user
      First data block=1
      60 block groups
      8192 blocks per group, 8192 fragments per group
      2048 inodes per group
      Superblock backups stored on blocks:
      8193, 24577, 40961, 57345, 73729, 204801, 221185, 401409

      Writing inode tables: done
      Creating journal (8192 blocks): done
      Writing superblocks and filesystem accounting information: done

      This filesystem will be automatically checked every 27 mounts or
      180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

- 作成したパーティーションのマウント

    - # mount /mnt/sd
    - # mount /mnt/card

- マウントの確認

    - # mount
      /dev/mtdblock/2 on / type jffs2 (rw,noatime)
      none on /dev type devfs (rw)
      /proc on /proc type proc (rw)
      none on /dev/shm type tmpfs (rw)
      none on /dev/pts type devpts (rw)
      /dev/mtdblock/2 on /mnt/user type jffs2 (rw,noatime)
      /dev/mmcd/disc0/part1 on /mnt/sd type vfat (rw,noatime,nosuid,nodev)
      /dev/mmcd/disc0/part2 on /mnt/card type ext3 (rw,noatime,nosuid,nodev)
   
      *下2行が出来ていればOKですね!

- 384MBの領域を作成

    - # dd if=/dev/zero of=/mnt/card/.swap bs=512 count=786432
      786432+0 records in
      786432+0 records out
      *暫く時間(5分位だったと思います)を要します。

- swap領域を/mnt/card/に作成

    - # mkswap /mnt/card/.swap
      Setting up swapspace version 1, size = 402649 kB

- swapを有効にする

    - # swapon /mnt/card/.swap

- 作成したswap領域を確認

    - # free
                     total     used        free    shared      buffers
      Mem:      61888    60284        1604       0         4220
      Swap:    393208          0     393208
      Total:   455096    60284     394812

- あとは、/etc/sdcontrolを編集

    - # vi /etc/sdcontrol を編集
      # The first argument should be either 'insert' of 'eject'.
      #

      ACTION=$1
      DEVICE=/dev/mmcd/disc0/part1
      MOUNT_POINT=/mnt/sd  ← 編集 *)
          *) mnt/cardを、/mnt/sdに編集します。

      'insert')の最後(;;の手前)に
      mount /dev/mmcd/disc0/part2 /mnt/card を追記
      swapon /mnt/card/.swap を追記

      'eject')の最後(;;の手前)に
      swapoff /mnt/card/.swapを追記 

      'compeject')の最後(;;の手前)に
      swapoff /mnt/card/.swapを追記

    - # reboot

続きは、pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#8)で..

|

« pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#6) | トップページ | pdaXrom 1.1.0 beta2に挑戦!(纏め#1) »

「pdaXrom」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
現在3100をノーマル状態で使っているのですがなんとなく飽きてきてWEBを徘徊していてこちらに漂着いたしました

そこで早速ですが教えて頂きたい事があります
3100のような大きなストレージを持った機種に入れる場合どのようにすればいいのでしょうか

不躾ですがご助言いただければ幸いです

投稿: tam | 2006年3月 8日 (水) 11時05分

tam さん

こんばんわ

漂着有難うございます。

折角、漂着いただいたのですが、SL-C3100は、当方持っていないので、欲わかりません。
実機があれば、説明できるのですが、、、、
申し訳ございません。


以下サイトに参考になるような記述がありますが、如何でしょうか?
制限付きながらも可能のようです。

http://pcweb.mycom.co.jp/special/2005/pdaxrom/012.html

投稿: yasu | 2006年3月 8日 (水) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154116/8609398

この記事へのトラックバック一覧です: pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#7):

« pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#6) | トップページ | pdaXrom 1.1.0 beta2に挑戦!(纏め#1) »