« pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#1) | トップページ | pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#3) »

2006年1月 6日 (金)

pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#2)

pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#1)からの続きです。

当方過去投稿記事のpdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!
を引用しながら、beta1用に編集し纏め直しています。
纏め#2は、以下の内容です。
(日本語化等がメインです。)

⑪.追加パッケージ(Ⅱ) *日本語化
⑫.日本語入力関係
⑬-1.Firefoxの日本語化
⑬-2.Dilloの日本語化
⑭.その他、色々と日本語化

-------------------------------------------------------------

⑪.追加パッケージ(Ⅱ) *日本語化
■ここでは、⑥.パッケージの追加(Ⅰ)でダウンロード出来なかった
 パッケージをダウンロードして、インストールします。
 先ずは、ダウンロード... 当方は、PCから行いました。
 当方は、今のところ、メール、Webがメインなので、
 最小限にしています。いろんなやり方がありますので、
 他の方のやり方を参考にされた方が間違いはないと思います。
(チョト自信ないので..)

  - PCに、Documents/downloadのフォルダを作成します。
    作成されたフォルダに、ダウンロードファイルを保存します。

  - leafpad_0.7.8 (windowsのメモ帳みたいなもの)
   - http://zaurus.spy.org/feeds/jabbath/rc5/から、
     leafpad_0.7.8_armv5tel.ipk をダウンロード

   - http://gtbleds.seesaa.net/article/3901533.html から
     leafpad.mo をダウンロード(leafpadの日本語化)

  - sylpheed-jp_2.0.2-1 (メーラ)
   - http://pdaxrom.sourceforge.jp/wiki/ のアップローダから
     sylpheed-jp_2.0.2-1_armv5tel.ipk をダウンロード

  - anthy_6700b-1 (日本語入力関係)
   - http://pdaxrom.sourceforge.jp/wiki/ のアップローダから
     anthy_6700b-1_armv5tel.ipk をダウンロード

  - gconv (日本語表示関係)
   - http://xqt.sourceforge.jp/feedから、以下をダウンロード
       gconv-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
       gconv-euc-jp-ms_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
       gconv-iso-2022-jp_2.2.5-11.5_arm.ipk
       gconv-libjis_2.2.5-11.5_arm.ipk
       gconv-modules-force-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2-yk2_arm.ipk
       glibc-locale-eucjp_2.2.5-2_arm.ipk

  - mona.font (画面表示関係)
   - http://switch.dl.sourceforge.net/sourceforgeから、
     /monafont/monafont-ttf-2.90.zipをダウンロード
     解凍して、mona.ttfを、Documents/downloadに保存。

  - Zaurusは、LAN(またはUSB)で接続しておきます。
    LAN接続(sambaインストール)を前提で記しています。 
  Zaurusのip addressの確認はコンソールからifconfigで..
   
   - PCから、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
     名前は、\\Zaurusのip addressを入力して、OKをクリック
   
   - SD_Cardを選択して、Documents/downloadにコピーする。

  - Zaurusのコンソールを立ち上げて、ダウンロードしたファイルをインストール
  します。
  PCから、tsshなどを使ってやった方が操作勝手がよいかもしれません。
  Installing ファイル名...Done.が、表示されたら、次々をインストールして
  いきます。インストールが終わったらリブートします。

   - # cd /mnt/card/Documents/download
   - # ipkg install leafpad_0.7.8_armv5tel.ipk
   - # ipkg install sylpheed-jp_2.0.2-1_armv5tel.ipk
   - # ipkg install anthy_6700b-1_armv5tel.ipk
   - # ipkg install gconv-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-euc-jp-ms_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-iso-2022-jp_2.2.5-11.5_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-libjis_2.2.5-11.5_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-modules-force-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2-yk2_arm.ipk
   - # ipkg install glibc-locale-eucjp_2.2.5-2_arm.ipk
   - # reboot

  - ここでは、まだ日本語表示されていません。
  と、言うよりフォントを入れていないので、表示が□□□..になっています。

  - Zaurusのコンソールを立ち上げて、
    - # cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF
    - # rm -rf ./*
    - # cp /mnt/card/Documents/download/mona.ttf ./
    - # fc-cache -fv
      fc-cache: "/usr/share/fonts": skipping, no such directory
      fc-cache: "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF": caching, 1 fonts, 0 dirs
      fc-cache: "/home/root/.fonts": skipping, no such directory
      fc-cache: succeeded
   - # reboot

  - Zaurusが立ち上がったら、日本語文字表示(一部英語)されています。
    □□□..表示も綺麗に表示されています。
    * Active Tasksは英語表示です。また、各々のIconをクリックすると
      殆ど英語表示でした。
  (使う分には支障は無いのですが、何とか成らないか..)

⑫.日本語入力関係
■ここでは、日本語入力関係を行います。
  - 先ずは、以下を実行
   - # vi .xinitrc
   
     test -f /etc/profile && . /etc/profile
     xset fp+ /usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese ← 追加
     xset fp rehash ← 追加
     export GTK_IM_MODULE=uim-anthy ← 追加
     export XMODIFIERS=@im=uim ← 追加
  
     exec uim-xim & ← 追加

     ちょっと下の方に
     SL-C860|SL-C760|SL-C750|SL-7500|SL-C700)
     test -f /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
        && xmodmap /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
     test -f /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jp
        && xmodmap /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jp ← 追加

   - # vi /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
     keycode 130 = Kanji
     (Kanjiの、Kは大文字... 
      当方、これを小文字にしていたのでFn操作が出来なかった。)

   - # reboot

⑬-1.Firefoxの日本語化
■Firefoxを日本語化します。
  - Locale Switcher Extentionをダウンロード
    - http://benjamin.smedbergs.us/switch-locales/から
      switch-locales-1.5.xpiをダウンロード

  - 日本語化Extentionをダウンロード
    - ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/nightly/
   1.5-candidates/linux-xpi/からja-JP-mac.xpiをcopy

   - SD_Cardを選択して、Documents/downloadフォルダに上記2つをコピーする。
     因みにコピーするファイルは、
      switch-locales-1.5.xpi
      ja-JP-mac.xpi

  - ZaurusからFirefoxを立ち上がる(「インターネット」→「Firefox」を選択)
    ちょっと起動に時間が掛かる(Zaurusには少々重荷か...)

  - アドレス欄に以下を入力してエクステンションをインストール。
  file:///mnt/card/Documents/download/switch-locales-1.5.xpi
  file:///mnt/card/Documents/download/ja-JP-mac.xpi

   - Software Instalation画面が表示されるので、 [Install Now]をクリック
   - 暫くしたら、Extensionsが表示(インストール内容)されるので、一旦閉じる。

  - ここで、Firefoxを再起動する。

   - [Tools] → [Langueges] →[ja-JP]を選択して、メッセージが表示されるので
     [OK]をクリックして、再起動する。

  - 日本語化されています。
  
  *tabmix_0.2.2.3.xpi(with tabmix_0.2.2.3_J.xpi)を試してみましたが、
     firefox1.5ではサポート出来ていませんでした。

⑬-2.Dilloの日本語化
■ここでは、Dilloを日本語化します。
  Firefoxが重くて.. 軽快に動くブラウザ何か無いか..
  折角あるDilloは英語版.. でも軽快に動く
  だったら、日本語版を探しました。
   
【参考リンク】
  http://www.loosehacker.com/lhacker/dillo.html

  - PCから、http://www.loosehacker.com/lhacker/dillo.html
  アクセスして、dillo-xft-uim_0.8.4-2_armv5tel.ipkをダウンロード

  - Zaurusは、LAN(またはUSB)で接続しておきます。
    当方は、USBは試していません。LAN接続(sambaインストール)を前提で
    記しています。 Zaurusのip addressの確認はコンソールからifconfigで..
   
   - PCから、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
     名前は、\\Zaurusのip addressを入力して、OKをクリック
   
   - SD_Cardを選択して、Documents/downloadフォルダにコピーする。

  - Zaurusのコンソールを立ち上げて、ダウンロードしたファイルをインストール
  します。
  PCから、tsshなどを使ってやった方が操作勝手がよいかもしれません。
  
   - # cd /mnt/card/Documents/download
   - # ipkg install dillo-xft-uim_0.8.4-2_armv5tel.ipk
   - # reboot

  - ZaurusからDilloを立ち上がる(「インターネット」→「Dillo」を選択)

   - Dilloが立ち上がったら、
     urlを入力する左横の方の「V」から、Options...を選択すると
     色々設定が出来るようです。
     タグとか、内容は英語表示でした。
     [Interface]のタグの、window Sizeが、最初は「0 x 0」になっています。
     設定変更する前に、[Reset]をクリックして、[640 x 550]等に変更してください。
     これをやらないと、window Sizeが、「0 x 0」になってしまい、
     dilloを起動しても、画面表示されません。
     [Font]のタグから、vm_aafontnameとfm_aafontnameで、フォントを選択...
     [Save] → [Reload] → [Quit]

   - http://www.google.co.jpを入力してEnter

   - 日本語表示されていました。

  - やっぱり、Firefoxより快適に動作する。導入して正解!!

  - Iconが少々気に入らないな~
    - PCから、http://www.dillo.org/Icons/にアクセスして
    お好みのIconをダウンロード
       ファイル名をdillo.pngのrename
    
     - ZaurusのSD_Cardを選択して、Documents/downloadフォルダにコピーする。
   - Zaurusのコンソールから以下を実行   
     - cp /mnt/card/Documents/download/dillo.png /usr/share/pixmaps

  - xを再起動

  - チョット満足

⑭.その他、色々と日本語化
■leafpadを日本語化します。
  - Zaurusのコンソールを立ち上げて、
   ⑩.追加パッケージ(Ⅱ)で、ダウンロードした「leafpad.mo」を
   ZaurusのSD_Cardを選択して、Documents/downloadフォルダにコピーする。

   - # cp /mnt/card/Documents/download/leafpad.mo /usr/local/share
    /locale/ja/LC_MESSAGES/

   - leafpadを立ち上げると日本語化されています。

  - 上手くいったので、当方はAdiwordを削除しました。

■GQviewを日本語化します。
【参考リンク】
  http://gtbleds.seesaa.net/article/3901533.html

  - 日本語化するパッケージをダウンロード

   - http://gtbleds.seesaa.net/article/3901533.htmlから
     gqview.mo をダウンロード

   - PCから、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
     名前は、\\Zaurusのip addressを入力して、OKをクリック
   
   - ZaurusのSD_Cardを選択して、Documents/downloadフォルダにコピーする。

   - # cp /mnt/card/Documents/download/gqview.mo /usr/share/locale
    /ja/LC_MESSAGES/

   - GQviewを立ち上げると日本語化されています。

続きは、pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#3)で..

|

« pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#1) | トップページ | pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#3) »

「pdaXrom」カテゴリの記事

コメント

Firefox1.5でのtabmixはtabmix plusを使うとよい感じですよ。(pdaXromのFirefoxでは未確認ですが…)

Tab Mix Plus
http://tmp.gary.elixant.com/

上記サイト、今アクセスしてみたらアクセス出来ませんでした…。一時的なものだとは思うのですが、どうしたのやら。

投稿: tomo | 2006年2月 6日 (月) 02時12分

アドレス変わってました!
http://tmp.garyr.net/

投稿: tomo | 2006年2月 6日 (月) 02時18分

tomoさん

こんばんわ!
情報ありがとうございます。
取り敢えずTryしてみますね!
結果は、また投稿します...

投稿: yasu | 2006年2月 6日 (月) 19時41分

tomoさん

有難うございました。
pdaXrom beta1環境のFirefox1.5で
動作確認が取れました。早速、追記投稿させていただきました。有難うございます。

今後とも宜しくお願いします。

投稿: yasu | 2006年2月 6日 (月) 20時42分

たいへんよくまとまった内容で、とってもありがたいです。私はRC10を入れていますが、これのおこかげで近いうちにβに乗り換える予定です。
ところで、ここの中の
- # vi /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
のキーボード設定ですが、ファイル名はcorgi.xmodmap_jp
で新規作成するのではないんでしょうか。既存のcorgi.xmodmapに追記するとFnキーが一切効かなくなり、私はどハマリした経験があります。ほかのほとんどの解説サイトもでこうなっているのですが、私がまちがっているんでしょうか。

投稿: うっしー | 2006年2月10日 (金) 02時27分

うっしーさん

こんばんわ!
コメント有難うございます。

>ファイル名はcorgi.xmodmap_jpで新規作成するのではないんでしょうか。

そのような方法があったのですか?
それは、当方の勉強不足でした..

でも、取り敢えずは、Fnキー操作は投稿手順で動作していますよ..
何か、他にも関連した原因があるかも知れませんね!

また、調べておきます...

投稿: yasu | 2006年2月10日 (金) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154116/8032754

この記事へのトラックバック一覧です: pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#2):

« pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#1) | トップページ | pdaXrom 1.1.0 beta1に挑戦!(纏め#3) »