« pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#1) | トップページ | pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#3) »

2005年11月30日 (水)

pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#2)

pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#1)からの続きです。

過去のpart#1~#4を引用しながら、一部を編集し、纏め直しています。
纏め#2では、以下の内容です。
(時刻合わせと日本語化がメインです。)

⑧.sambaを有効化
⑨.時刻合わせ
⑩.追加パッケージ(Ⅱ) *日本語化
⑪.日本語入力関係
⑫.クロックアップ

課題Ⅰ

-------------------------------------------------------------

⑧.sambaを有効化
■ここでは、sambaを有効にするため、以下を編集します。
  因みに使わない方は必要ないですよ。

  - # vi /etc/samba/smb.conf
  [global]
  # workgroup is either a domain name or a workgroup name
  workgroup = WORKGROUP
  log file = /dev/null ← 追加
  #
  # encrypt passwords is required for Win98, NT and Windows 2000
  #
  encrypt passwords = yes
 
  coding system = utf8 ← 追加
  client code page =932 ← 追加
  force create mode = 0755 ← 追加
  strict sync = yes ← 追加
  sync always = yes ← 追加
  security = share ← 追加
  null passwords = yes ← 追加
  interfaces = usbd0 ← 追加
  
  [all]
  comment = Read only access to /
  path = /
  read only = yes
  guest ok = yes
  [home] ← # を削除
  comment = read/write access to /home ← # を削除
  path = /home ← # を削除
  read only = no ← # を削除
  uest ok = yes ← # を削除
  [SD_Card] ← 追加
  comment = read/write access to /mnt/card ← 追加
  path = /mnt/card ← 追加
  read only = no ← 追加
  guest ok = yes ← 追加

  - # /etc/rc.d/init.d/samba stop
  Stopping smbd and nmbd...

  - # /etc/rc.d/init.d/samba start
  Starting smbd...
  Starting nmbd...

  - # reboot
    
  - PCと繋いで「System Tools」→「USB」を選択して、「Apply」を押す。
  - 繋いだPCの、「ファイル名を指定して実行」で「\\192.168.129.201」を
  実行すればZaurusが見える..??
  当方は、USBで接続しないので、試していませんので、わかりません。

  - SDカードに書き込み可能にするには・・・
  - # chmod -R 777 /mnt/card 等とする。

  - rootのパスワードを設定(最初に設定した場合は不要です。)
   - # passwd
     適当に決めてください 
 
   - PCから、tsshなどを使ってUSB接続出来るみたいです。(試していません。)
   当方は、PCから、LAN経由(ifconfigで表示されているip address)で
     接続しました。

   - tsshなどで接続が出来れば、ZaurusのターミナルがPC画面に出てくるので、
     後のKey操作が楽です。

   - そうそう、Zaurus SL-C860のUSB認識をさせるには、PC側にドライバが要る
     みたいです。でも、当方、元のCDを紛失したので、netで探していますが、
     見当たらないです。ご存知の方、教えてください。

⑨.時刻合わせ
■ここでは、pdaXromの時刻設定をします。
  - 先ずは、以下を実行
   - # vi /etc/profileを編集(最後に追記する)
   export LANG=ja_JP.eucJP
   export TZ=JST-09

   - # ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
   - # reboot

  - 時間あわせ

   - # ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp を3回程度実行

   ntp serverは、幾つかあるので、適宜に決めてください。
       ntp2.jst.mfeed.ad.jp
       ntp3.jst.mfeed.ad.jp
       time-nw.nist.gov
       eric.nc.u-tokyo.ac.jp
       ats1.e-timing.ne.jp

   - 画面右下の時計にスライサをあて、set timeから、
  「Network time」のタグを選択
   Server addressに、ntp serverを登録しておく。
   当方は、以下を登録
       ntp1.jst.mfeed.ad.jp 16sec
       eric.nc.u-tokyo.ac.jp 32sec
       ats1.e-timing.ne.jp 64sec
  -「OK」をクリック   
   
  - 時刻を合わせても、Zaurusの時計は段々とずれてきます。
    Windowsより、ずれは大きいですね。
    ハードウェアクロックの不具合を調整出来るようです。

   - # mkdir /etc/cron.5minutely
   - # vi /etc/cron.5minutely/sethwclock.sh を作成
      #!/bin/sh
      /usr/bin/sethwclock
   - # chmod 755 /etc/cron.5minutely/sethwclock.sh

⑩.追加パッケージ(Ⅱ) *日本語化
■ここでは、⑥.パッケージの追加(Ⅰ)でダウンロード出来なかった
 パッケージをダウンロードして、インストールします。
 先ずは、ダウンロード... 当方は、PCから行いました。
 当方は、今のところ、メール、Webがメインなので、
 最小限にしています。いろんなやり方がありますので、
 他の方のやり方を参考にされた方が間違いはないと思います。
(チョト自信ないので..)

  - PCに、Documents/downloadのフォルダを作成します。
    作成されたフォルダに、ダウンロードファイルを保存します。

  - leafpad_0.7.8 (windowsのメモ帳みたいなもの)
   - http://zaurus.spy.org/feeds/jabbath/rc5/から、
     leafpad_0.7.8_armv5tel.ipk をダウンロード

   - http://gtbleds.seesaa.net/article/3901533.html から
     leafpad.mo をダウンロード(leafpadの日本語化)

  - sylpheed-jp_2.0.2-1 (メーラ)
   - http://pdaxrom.sourceforge.jp/wiki/ のアップローダから
     sylpheed-jp_2.0.2-1_armv5tel.ipk をダウンロード

  - anthy_6700b-1 (日本語入力関係)
   - http://pdaxrom.sourceforge.jp/wiki/ のアップローダから
     anthy_6700b-1_armv5tel.ipk をダウンロード

  - gconv (日本語表示関係)
   - http://xqt.sourceforge.jp/feedから、以下をダウンロード
       gconv-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
       gconv-euc-jp-ms_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
       gconv-iso-2022-jp_2.2.5-11.5_arm.ipk
       gconv-libjis_2.2.5-11.5_arm.ipk
       gconv-modules-force-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2-yk2_arm.ipk
       glibc-locale-eucjp_2.2.5-2_arm.ipk

  - mona.font (画面表示関係)
   - http://switch.dl.sourceforge.net/sourceforgeから、以下をダウンロード
     /monafont/monafont-ttf-2.90.zipをダウンロード
     解凍して、mona.ttfを、Documents/downloadに保存。

  - Zaurusは、LAN(またはUSB)で接続しておきます。
    当方は、USBは試していません。LAN接続(sambaインストール)を前提で
    記しています。 Zaurusのip addressの確認はコンソールからifconfigで..
   
   - PCから、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
     名前は、\\Zaurusのip addressを入力して、OKをクリック
   
   - SD_Cardを選択して、Documents/downloadのフォルダにコピーする。

  - Zaurusのコンソールを立ち上げて、ダウンロードしたファイルをインストール
  します。
  PCから、tsshなどを使ってやった方が操作勝手がよいかもしれません。
  Installing ファイル名...Done.が、表示されたら、次々をインストールして
  いきます。インストールが終わったらリブートします。

   - # cd /mnt/card/Documents/download
   - # ipkg install leafpad_0.7.8_armv5tel.ipk
   - # ipkg install sylpheed-jp_2.0.2-1_armv5tel.ipk
   - # ipkg install anthy_6700b-1_armv5tel.ipk
   - # ipkg install gconv-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-euc-jp-ms_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-iso-2022-jp_2.2.5-11.5_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-libjis_2.2.5-11.5_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-modules-force-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2-yk2_arm.ipk
   - # ipkg install glibc-locale-eucjp_2.2.5-2_arm.ipk
   - # reboot

  - ここでは、まだ日本語表示されていません。
  と、言うよりフォントを入れていないので、表示が□□□..になっています。

  - Zaurusのコンソールを立ち上げて、
    - # cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF
    - # rm -rf ./*
    - # cp /mnt/card/Documents/download/mona.ttf ./
    - # fc-cache -fv
      fc-cache: "/usr/share/fonts": skipping, no such directory
      fc-cache: "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF": caching, 1 fonts, 0 dirs
      fc-cache: "/home/root/.fonts": skipping, no such directory
      fc-cache: succeeded
   - # reboot

  - Zaurusが立ち上がったら、日本語文字表示(一部英語)されています。
    □□□..表示も綺麗に表示されています。
    * Active Tasksは英語表示です。また、各々のIconをクリックすると
      殆ど英語表示でした。
  (使う分には支障は無いのですが、何とか成らないか..)

⑪.日本語入力関係
■ここでは、日本語入力関係を行います。
  - 先ずは、以下を実行
   - # vi .xinitrc
     長~いテキスト....

     test -f /etc/profile && . /etc/profile
     xset fp+ /usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese ← 追加
     xset fp rehash ← 追加
     export GTK_IM_MODULE=uim-anthy ← 追加
     export XMODIFIERS=@im=uim ← 追加
  
     exec uim-xim & ← 追加

     ちょっと下の方に
     SL-C860|SL-C760|SL-C750|SL-7500|SL-C700)
     test -f /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
        && xmodmap /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
     test -f /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jp
        && xmodmap /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jp ← 追加

   - # vi /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
     keycode 130 = Kanji
     (Kanjiの、Kは大文字... 
      当方、これを小文字にしていたのでFn操作が出来なかった。)

   - # reboot

⑫.クロックアップ
■ここでは、Zaurusのクロックアップ設定をします。
 少しは、早くなったような気がします。

   - # cd /etc/rc.d/init.d
   - # vi overclock.sh
   #!/bin/sh
   echo 162 > /proc/cccr_change

   - # chmod a+x overclock.sh
   - # cd /etc/rc.d/rc5.d
   - # ln -s /etc/rc.d/init.d/overclock.sh /etc/rc.d/rc5.d/S90overclock
   - # reboot

課題Ⅰ
■時刻合わせ
   - 1日経つと時刻も5分程度狂っています。なんとか成らないか...
   時刻合わせ関係を調べてみますが、自信ないな~..

続きは、pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#3)で..

|

« pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#1) | トップページ | pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#3) »

「pdaXrom」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154116/7401421

この記事へのトラックバック一覧です: pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#2):

» [Zaurus] pdaXrom,pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#3) [MOBILE DAILY NEWS blog版]
SL-C860でpdaXromを使う方法,手順を具体的に詳細に紹介しています。 http://benefits.cocolog-nifty.com/pdaxrom/2005/11/pdaxrom_rc11_fo_020c.html http://benefits.cocolog-nifty.com/pdaxrom/2005/11/pdaxrom_rc11_fo_9492.html http://benefits.cocolog-nifty.com/pdaxrom/2005/11/pdaxrom_... [続きを読む]

受信: 2005年11月30日 (水) 23時37分

« pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#1) | トップページ | pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(纏め#3) »