« pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(part#1) | トップページ | pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(part#3) »

2005年11月20日 (日)

pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(part#2)

part#1からの続きです。

⑪.時刻合わせ
■ここでは、pdaXromの時刻設定をします。
  - 先ずは、以下を実行
   - # vi /etc/profileを編集(最後に追記する)
   export LANG=ja_JP.eucJP
   export TZ=JST-09

   - # ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
   - # reboot

  - 時間あわせ

   - # ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp を3回程度実行

   ntp serverは、幾つかあるので、適宜に決めてください。
       ntp2.jst.mfeed.ad.jp
       ntp3.jst.mfeed.ad.jp
       time-nw.nist.gov
       eric.nc.u-tokyo.ac.jp
       ats1.e-timing.ne.jp

   - 画面右下の時計にスライサをあて、set timeから、
  「Network time」のタグを選択
   Server addressに、ntp serverを登録しておく。
   当方は、以下を登録
       ntp1.jst.mfeed.ad.jp 16sec
       eric.nc.u-tokyo.ac.jp 32sec
       ats1.e-timing.ne.jp 64sec
  -「OK」をクリック   
   
  - 時刻を合わせても、Zaurusの時計は段々とずれてきます。
    Windowsより、ずれは大きいですね。
    ハードウェアクロックの不具合を調整出来るようです。

   - # mkdir /etc/cron.5minutely
   - # vi /etc/cron.5minutely/sethwclock.sh を作成
      #!/bin/sh
      /usr/bin/sethwclock
   - # chmod 755 /etc/cron.5minutely/sethwclock.sh

⑫.追加パッケージ
■ここでは、⑦.パッケージの追加でダウンロード出来なかった
 パッケージをダウンロードして、インストールします。
 先ずは、ダウンロード... 当方は、PCから行いました。
 当方は、今のところ、メール、Webがメインなので、
 最小限にしています。いろんなやり方がありますので、
 他の方のやり方を参考にされた方が間違いはないと思います。
(チョト自信ないので..)

  - PCに、Documents/downloadのフォルダを作成します。
    作成されたフォルダに、ダウンロードファイルを保存します。

  - leafpad_0.7.8 (windowsのメモ帳みたいなもの)
   -
http://zaurus.spy.org/feeds/jabbath/rc5/から、
     leafpad_0.7.8_armv5tel.ipk をダウンロード

   - http://gtbleds.seesaa.net/article/3901533.html から
     leafpad.mo をダウンロード(leafpadの日本語化)

  - sylpheed-jp_2.0.2-1 (メーラ)
   -
http://pdaxrom.sourceforge.jp/wiki/ のアップローダから
     sylpheed-jp_2.0.2-1_armv5tel.ipk をダウンロード

  - anthy_6700b-1 (日本語入力関係)
   -
http://pdaxrom.sourceforge.jp/wiki/ のアップローダから
     anthy_6700b-1_armv5tel.ipk をダウンロード

  - gconv (日本語表示関係)
   -
http://xqt.sourceforge.jp/feedから、以下をダウンロード
       gconv-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
       gconv-euc-jp-ms_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
       gconv-iso-2022-jp_2.2.5-11.5_arm.ipk
       gconv-libjis_2.2.5-11.5_arm.ipk
       gconv-modules-force-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2-yk2_arm.ipk
       glibc-locale-eucjp_2.2.5-2_arm.ipk

  - Zaurusは、LAN(またはUSB)で接続しておきます。
    当方は、USBは試していません。LAN接続(sambaインストール)を前提で
    記しています。 Zaurusのip addressの確認はコンソールからifconfigで..
   
   - PCから、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
     名前は、
\\Zaurusのip addressを入力して、OKをクリック
   
   - SD_Cardを選択して、Documents/downloadのフォルダにコピーする。

  - Zaurusのコンソールを立ち上げて、ダウンロードしたファイルをインストール
  します。
  PCから、tsshなどを使ってやった方が操作勝手がよいかもしれません。
  Installing ファイル名...Done.が、表示されたら、次々をインストールして
  いきます。インストールが終わったらリブートします。

   - # cd /mnt/card/Documents/download
   - # ipkg install leafpad_0.7.8_armv5tel.ipk
   - # ipkg install sylpheed-jp_2.0.2-1_armv5tel.ipk
   - # ipkg install anthy_6700b-1_armv5tel.ipk
   - # ipkg install gconv-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-euc-jp-ms_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-iso-2022-jp_2.2.5-11.5_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-libjis_2.2.5-11.5_arm.ipk
   - # ipkg install gconv-modules-force-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2-yk2_arm.ipk
   - # ipkg install glibc-locale-eucjp_2.2.5-2_arm.ipk
   - # reboot

  - Zaurusが立ち上がったら、日本語文字表示(一部英語)されています。
    日本語化も、一部□□□などになっている。 う~、いまいちだった
    * Active Tasksは英語表示です。また、各々のIconをクリックすると
      殆ど英語表示でした。
  (使う分には支障は無いのですが、何とか成らないか..)

  - 日本語入力関係を編集.....

   - # vi .xinitrc
     長~いテキスト....

     test -f /etc/profile && . /etc/profile
     xset fp+ /usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese ← 追加
     xset fp rehash ← 追加
     export GTK_IM_MODULE=uim-anthy ← 追加
     export
XMODIFIERS=@im=uim ← 追加
  
     exec uim-xim & ← 追加

     ちょっと下の方に
     SL-C860|SL-C760|SL-C750|SL-7500|SL-C700)
     test -f /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
        && xmodmap /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
     test -f /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jp
        && xmodmap /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jp ← 追加

   - # vi /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
     keycode 130 = Kanji
     (Kanjiの、Kは大文字... 
      当方、これを小文字にしていたのでFn操作が出来なかった。)

   - # reboot

  - やっぱり、日本語文字表示がいまいち綺麗で無いな~
  当方は、
http://gtbleds.seesaa.net/article/3849344.htmlさんが、
  紹介されているmona fontとその手順をやってみました。

   - PCより、http://switch.dl.sourceforge.net/sourceforge
     /monafont/monafont-ttf-2.90.zipをダウンロード → 解凍
     mona.ttfを、Documents/downloadに保存。
     これを、Zaurusの/SD_Card/Documents/downloadにコピー。
     Zaurusのコンソールを立ち上げて..
    - # cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF
    - # rm -rf ./*
    - # cp /mnt/card/Documents/download/mona.ttf ./
    - # fc-cache -fv
      fc-cache: "/usr/share/fonts": caching, 0 fonts, 1 dirs
      fc-cache: "/usr/share/fonts/truetype": caching, 0 fonts, 1 dirs
      fc-cache: "/usr/share/fonts/truetype/kochi": caching, 2 fonts, 0 dirs
      fc-cache: "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF": caching, 1 fonts, 0 dirs
      fc-cache: "/home/root/.fonts": skipping, no such directory 
      fc-cache: succeeded
    - # reboot
  - 日本語文字表示が綺麗になりました。
  日本語化の、一部□□□も直りました。(感謝)

⑬.Firefoxの日本語化
■Firefoxを日本語化します。
 先ずは、ダウンロード... 当方は、PCから行いました。

  - Locale Switcher Extentionをダウンロード
    -
http://benjamin.smedbergs.us/switch-locales/から
      switch-locales-1.0.zipをダウンロードして、名前の変更で、
      拡張子の.zipを削除 → switch-locales-1.0.xpi

  - 日本語化Extentionをダウンロード
    -
ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/nightly/
      latest-aviary1.0.1-l10n/linux-xpi/からja-JP.xpiをcopy

  - デフォルトのタブブラウジング機能を強化
    -
http://tabmix-en.blogspot.com/2005/06/tab-mix-0223.htmlから
      tabmix_0.2.2.3.xpi.zipをダウンロードして、名前の変更で、
      拡張子の.zipを削除

  - Zaurusは、LAN(またはUSB)で接続しておきます。
    当方は、USBは試していませんので、LAN接続(sambaインストール)を前提で
    記しています。 Zaurusのip addressの確認はコンソールからifconfigで..
   
   - PCから、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
     名前は、
\\Zaurusのip addressを入力して、OKをクリック
   
   - SD_Cardを選択して、Documents/downloadのフォルダに上記3つをコピーする。
     因みにコピーするファイルは、
      switch-locales-1.0.xpi
      ja-JP.xpi
      tabmix_0.2.2.3.xpi

  - ZaurusからFirefoxを立ち上がる(「インターネット」→「Firefox」を選択)
    ちょっと起動に時間が掛かる(Zaurusには少々重荷か...)

   - [File] → [Open File] を開き、
     Look In:から、/mnt/card/Documents/downloadを選択.... 
     File of typeで、ALL Files(*)を選択すると、SDにコピーした
     ファイルが表示される。

   - 先ずは、ja-JP.xpiを選択して、[Open]..
   - Software Instalation画面が表示されるので、 [Install Now]をクリック
   - 暫くしたら、Extensionsが表示(インストール内容)されるので、一旦閉じる。

   - 再び、[File] → [Open File] の、
     Look In:/mnt/card/Documents/downloadから、
     switch-locales-1.0.xpiを選択して、[Open]..
    
   - Software Instalation画面が表示されるので、 [Install Now]をクリック
   - 暫くしたら、Extensionsが表示(インストール内容)されるので、一旦閉じる。

   - 再び、[File] → [Open File] の、
     Look In:/mnt/card/Documents/downloadから、
     tabmix_0.2.2.3.xpiを選択して、[Open]..
   - Software Instalation画面が表示されるので、 [Install Now]をクリック
   - 暫くしたら、Extensionsが表示(インストール内容)されるので、一旦閉じる。

  - ここで、Firefoxを再起動する。
    ちょっと起動に時間が掛かる(やっぱり、Zaurusには少々重荷か...)

   - [Tools] → [Langueges] →[ja-JP]を選択して、メッセージが表示されるので
     [OK]をクリックして、再起動する。

  - 日本語化されています。

⑭.画面設定
■ここでは、Zaurusの画面設定をします。
 少ないメモリで動作しているので、少しでもZaurusの負担を
 減らしたいな~と思い、画面をシンプルにしてみました。
 でも、これは、好みですね。

  -「システムツール」→「Look & Feel」をクリック
   [Background]のタグから、[Single background]を選択し、
   Colorは黒に、OKをクリック
   * 黒にすると画面焼けも防げるらしいです。

⑮.クロックアップ
■ここでは、Zaurusのクロックアップ設定をします。
 少しは、早くなったような気がします。

   - # cd /etc/rc.d/init.d
   - # vi overclock.sh
   #!/bin/sh
   echo 162 > /proc/cccr_change

   - # chmod a+x overclock.sh
   - # cd /etc/rc.d/rc5.d
   - # ln -s /etc/rc.d/init.d/overclock.sh /etc/rc.d/rc5.d/S90overclock
   - # reboot

1日経つと時刻も5分程度狂っています。なんとか成らないか...
時刻合わせ関係を調べてみますが、自信ないな~..

次回(Part#3)では、bitwarp関係と時刻合わせが判ったら、書きます..
いつになるやら...

|

« pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(part#1) | トップページ | pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(part#3) »

「pdaXrom」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154116/7224694

この記事へのトラックバック一覧です: pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(part#2):

« pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(part#1) | トップページ | pdaXrom RC11 for Zaurus SL-C860に挑戦!(part#3) »